introducing10_640

 マランダーにとってのスーパースター、ラグドールのティモが暮らしていた家には、かつても、そして現在も常に猫たちの存在があった。それぞれの猫たちが初めて出会った瞬間には、どんなドラマがあったんだろう。
Advertisement
Advertisement


Introducing a kitten to an adult cat (compilation)

 ティモがはじめてこのおうちに来た時、そこにはクレオという先住猫がいた。初対面はこの反応。残念ながら、この2匹は「親友」同士になることはなかったそうだ。

introducing1_640

 トビーがはじめておうちに来た時、ティモが見せた反応は、かつてクレオがティモに見せたのと同じ感じ。だけど交流を続けるうちに、2匹の距離は縮まって行った。

「もう少し距離をとってくれニャいか、おチビちゃん」
introducing3_640

 なんだかんだで2週間後、2匹はすっかり仲良しに。
introducing4_640

 そしてトビーだけとなったこのおうちにやって来たミカ。3日目にはこの距離感だったものの、1日1日その距離は縮まって行ったそう。

introducing6_640

 1週間後には2匹は親友になっていた。
introducing7_640

 代々ペットを複数飼っているお宅では、必ず繰り返されてきたであろうこの儀式。1匹1匹の性格やタイミング、相性などによって、そのシーンにはさまざまなバリエーションがあるだろう。

 家族としていっしょにこれから暮らしていくのだから、飼い主としてはぜひ仲良くしてもらいたいわけだし、彼らの距離が縮まるまでの間はハラハラドキドキ見守るしかない。

 みんなのおうちではどうだったかな。ペットたちの「初めての出会い」にまつわるエピソードなどがあったら、ぜひコメント欄で教えてね!
 
written by ruichan

▼あわせて読みたい
ラグドールたち、クマのぬいぐるみの「いないいないばあ!」にちょっとだけビビる


猫ズ「ちょこまか動き過ぎ!」テレビの画面でうごめくアレに興味津々なラグドールたち


ラグドールのミカ「特訓にゃ!」とダンボール箱と付き合ってみる


ティモそっくりな弟ができたよ!ラグドールの子猫がトビーのおうちにやって来た


ラグドールのティモ弟分ができる。ハンモックの乗り方レッスンしてみたよ。