zoomiami_02_n
image credit:Instagram

 春は動物の赤ちゃんのシーズン。というわけで、今回はアメリカ・フロリダ州にあるマイアミ動物園で誕生したミーアキャットの赤ちゃんをご紹介するよ。

 フワフワの毛とくりくりのおめめ、横っちょについた耳。生まれたてホヤホヤのフンワリ感が漂ってくるような淡い色をしてるのが、これまたカワイイんだ。
Advertisement
Advertisement

 2匹の赤ちゃんが誕生したのは、2020年の1月18日。1948年開園というマイアミ動物園の長い歴史の中で、ミーアキャットの赤ちゃんが誕生し、無事に成長しているのはじめてのことだそう。

 この写真は、生後約1ヶ月が経ってようやく目が開いた頃のものだ。

zoomiami_01_n
image credit:Instagram

 こうして成長を実感できると、スタッフの喜びもひとしおだろうね!

 2匹を生んだのは、8歳になるヤムヤム母さんだ。ヤムヤムは、2012年2月に同じフロリダ州にある「ブッシュ・ガーデンズ」という自然公園から引っ越してきた。

zoomiami_04_n
image credit:Instagram

 じゃあ父さんはというと……これが今のところ、わかっておらず、DNA検査をしないとはっきりししないらしい。

 ヤムヤムは、ミーアキャットエリアでギズモ、ジョー、ディエゴと名づけられた3匹のオスと一緒に暮らしていたので、彼らのうちの誰かが父親なのだろう、ということだ。

zoomiami_01_n
image credit:Instagram

 でも、2匹の赤ちゃんが生まれてからというもの、3匹の “推定父さんズ” はとても育児に協力的で、せっせと赤ちゃんの世話をしたり安心して過ごせるようバリケードを作ったりしていたそうだよ。

 ミーアキャットはこうして、家族としての絆を育んでいくんだね。

 それにしても、こんなに小さくても後ろ足でしっかりと立ち上がる姿は、まさにミーアキャット! 小さなおててがたまらん可愛さ。

zoomiami_03_n
image credit:Instagram

 2匹はその後も順調に成長していて、つい先日、はじめての健康診断も受けたんだ。

 そのときの写真を見てみると、あまりの「成長っぷり」に、ちょっと驚いてしまったよ。


 たった2ヶ月でこんなに大きくなるんだなあ! 

 さらにこの検診で2匹の性別が判明、1匹はオス、1匹はメスだとわかったそうだ。次にこの子たちの成長が見られるときには、もう名前も決まっているかもね。

 ミーアキャットの赤ちゃんズと母さん父さんズのゆかいな日常を見守りたいお友だちは、ぜひともマイアミ動物園のライブカメラ「ミーアキャム」にアクセスしてほしいな。

 元気いっぱいに走り回ったり、両足で立ってガラスの外を偵察したり、仲良く並んで寝そべったりと、のびのびと過ごしているミーアキャットたちの姿をいつでも確認できるよ!


written by momo

あわせて読みたい
ダメ、もう限界!睡魔に抗うミーアキャットの寝落ちシーンが可愛すぎる


師走こそほっこりを。猫を枕にするミーアキャットのリラックスした表情よ


秋のある日にぴょこたんと。オーストラリアの動物園でミーアキャットの赤ちゃんが生まれたよ。


シンビオワイルドライフパークにて、ミーアキャットの赤ちゃん生まれたよ!


美人なお姉さん飼育員べスさんによるミーアキャットのおやつタイムがもういろいろうらやましい