dropped49
image credit:YouTube

 その名を聞かない日はないほどに新型コロナウイルス(Covid-19)に関するニュース。世界の医療従事者は今もこの治療の任務に就いている。

 はたして医療従事者でない我々とペットたちは何をどう気を付けたらいいのだろう?濃厚接触を防ぐために、少しおちゃめで具体的な対策法を教えてくれた獣医スタッフさんが発見された。
 
Advertisement
Advertisement


An Important Vet Exchange Done Through Reachers || ViralHog

 こちらの動画に映っている飼い主さんは愛犬の検便のキットをお届けに来たんだそうだ。それの受け渡しに、獣医スタッフとマジックリーチャーを使い合っていた模様。


 車の外に出てきた犬の飼い主さんと、書面をマジックハンドで持った獣医スタッフさん
dropped50
image credit:YouTube

 お互いに手で指示を出し、キットと書類を交換こしていた
dropped51
image credit:YouTube

 小さなことだけどこういうことの積み重ねかもしれないな
dropped52
image credit:YouTube


 キットを届けに来た飼い主さんはしっかりとマスクも着用しており、感染予防対策ばっちりといった感じだ。撮影していた獣医スタッフは「最初なんでマジックハンドを使うのか分からなかったけど、同僚の使い方を見て納得した。これで危機にあっても動物たちの助けになれる!」というコメントを動画説明欄に残していた。

 不要不急の外出や濃厚接触なるものは控えるべきとのことだが仕事柄、他者と話をすることが避けられない人々もいる。何とか体調に気を付けてこの危機を乗り越えてほしいものだ。そしてこの病の治療の最前線で戦う医療従事者の皆さんにも再度敬礼したいね。

written by kokarimushi

あわせて読みたい
ぼく知ってるよ。ぼくの体を良くしてくれてるんでしょ。獣医が施術するあいだじっと待つ犬


怯えている保護犬のために自分もケージに入っちゃう獣医のアンディさん、そのままパパになる


ミニチマかわいいんだから。獣医帰りのハムスター、小さなエリザベスカラーをつけてご帰還


おいらの友達になにした?今なにしとん?獣医の診察をうける同居犬を心配する犬


カメラは見てしまった。あなたが去った後、獣医師がペットに何をしてるかを激写