pianodog0_640

 音楽好きな動物は多いし、実際に自分で演奏してみるペットたちの話もよく聞くよね。しかし「自分が楽したいから」という理由で、ペットにピアノを教えるっていうのは、ちょっと新しいんじゃないだろうか。

 今回はそんな飼い主さんとわんこを紹介するよ。これってはたして上手くいくの?と思っちゃうけど、とりあえず動画を見てみよう。
 


I taught my dog to play the piano

 この男性は、ニュージーランドで活動しているユーチューバーのリアム・トンプソンさん。ある日彼は悩んでいた。

「ピアノを弾くのに両手を使ってたら、電話するとかオヤツを食べるとか、他のことが何もできないじゃん!」

pianodog1_640

 いや、普通しないよね?という外野の声は無視して、リアムさんは考えた。「誰かが代わりに片手のパートを弾いてくれればいいんだよね?」でも誰に?

 近くにいるのは愛犬のマックスだけ。そうだ、マックスにピアノを教えよう!
pianodog2_640

 まずはキーを押して、音を出すところから…と、マックスくん、これはあっさりとクリアした。だけど物理的な問題から、ちょっと工作をすることに。

pianodog4_640

 これで良し! 目的のキー以外は音が出ないようにしたよ。
pianodog5_640

 正しい順番で正しいキーを、正しい回数叩くことができたら成功だ。
pianodog6_640

 さて、練習の成果はどうだったんだろう。続きはぜひ動画で確認してほしい。

 まあ、この労力と時間の使い方が間違っているのかいないのかは、我々があれこれ言うことでもないと思うんだけど、コメントするとすればひとつだけ。「マックスくんってばかしこい!」

written by ruichan

▼あわせて読みたい
犬界きってのミュージシャン、バディ・マーキュリー氏、次はデュエットソングにチャレンジか


これは大ヒット間違いなし!わんこ界のトップアーティスト、バディ・マーキュリー氏が新曲を発表した模様


意外と聴ける?てか、むしろ名演奏?わんこが奏でるアバンギャルドなキーボードを堪能しよう


この不協和音、やはりピアニストには向いてなかった?侵入者クマー、そこにあったピアノを弾いて去る


鳴くだけじゃないよ、楽器だっておまかせだわさ。ピアノの腕前を披露するニワトリの奥さん


このエントリーをはてなブックマークに追加