reducinghole2_640

「猫のカラダは実は液体」だというのは既に定説となっているが、では「頭さえ入ればどこでも通れる」という説はどうだろうか。

 リアル?それともフェイク? 保護猫プーシクくんが身をもって証明してくれたようなので、早速動画を見てみよう。

 
スポンサードリンク


Reducing Hole for the Cat. When will he stop?

 ダンボールにいろいろなサイズの穴を開けて、プーシクが通れるかどうか実験するよ。まずは20cm。楽勝だね。

reducinghole1_640

 15cmも無問題。
reducinghole3_640

 次に13cm。ちょっぴり引っかかったけど、するんと通ることができたよ。
reducinghole4_640

 12cmにはちょっと苦労しちゃったかな。
reducinghole5_640

 11cmは無理やり押通った感じ。
reducinghole7_640

 さて最後は10cmチャレンジだけど、プーシクくん無事に潜り抜けることができたんだろうか。結果はぜひ動画で確認してみよう!

 この段ボールの穴潜り、あのホシコくんもチャレンジしているよ。こちらの記事もぜひ見てね。



written by ruichan

▼あわせて読みたい
猫の前の床にいろんな素材を敷き詰めてみた。さて、突破に一番時間がかかったのは何だと思う?


猫のためのライブTVを設置してみた!留守番中のペットを楽しませるこんなアイディアはいかが?


さて何段まで跳べるかな?保護猫プーシクのトイレットペーパーチャレンジ


保護猫プーシクくん「ボク新聞に載ったんだよ!」その新聞紙で遊ぶ猫


ピクリ!ご飯の音がしたニャ!猫缶を開ける音を聞くなり飛んでくるプーシクくん



このエントリーをはてなブックマークに追加