panho0 (2)_e
image credit:Instagram

 天才的ヨガドッグとして、みんなの度肝を抜いたあのチワワのパンチョくんが、今月11日、虹の橋を渡って旅立って行ったそうだ。

Advertisement
Advertisement

 イタリア時間の3月11日午前10時。パンチョは静かに息を引き取った。享年10。元気そうに見えたパンチョだったが、実は生まれた時から心雑音があり、5歳になった頃からは発作を起こすようになって、病との戦いが続いていたんだそうだ。

 訃報を知らせる投稿には、6年前に撮られた幸せそうなふたりの写真が。

そんな健康状態にもかかわらず、パンチョは愛を与えること、受け取ることを忘れませんでした。

パンチョはいつも僕の隣にいた。まだ僕がガキだったころから、大人になって、結婚するまで、ずっと一緒に歩いていた。人生の輝かしい時間も苦しかった時も、いつもそばにいてくれたんです。


パンチョが僕の人生でどれほど大きな存在だったか、今になって実感しています。ずっと彼のことばかり考えています。会いたいよ。またあの愛に満ちた瞳で僕を見つめてほしい


 飛行機に乗って、ニックさんといっしょにいろんなところへ旅したパンチョ。今は自分の翼で、自由に空を飛び回っているのかもしれないね。


 若くして両親を亡くしているニックさんにとって、パンチョは大切な「家族」だった。そんなニックさん、実は昨年の秋に結婚式を挙げていて、パンチョくんはリングボーイを立派に務めたんだって。


Together is better

 その矢先の突然の訃報。パンチョとのたくさんの思い出に押しつぶされそうになっているニックさんは、「誰かのためにこんなに泣いたことはなかった。しばらくはつらい日々が続くと思う」と語っている。


 パンチョのファンは世界中にたくさんいて、その中には重い病気と闘いながら、「パンチョのおかげで楽になった」という感謝のメッセージを送ってくれる人も多かったそうだ。たくさんの人を笑顔にしてくれたパンチョ。天国でどうか幸せに暮らしてね。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
あのヨガ犬パンチョくん、一面の銀世界でソリ遊びを満喫したようだ?


愛犬と飛行機で旅する時に役立つ8つのコツ。実際にチワワが国際線に乗ってみた


あのヨガドッグ・パンチョについての10の真実が明かされた模様


カンペキなリズム感がすごい!音楽にきっちり合わせて踊る犬


さあ、呼吸に気を配って、そのポーズをキープだ!飼い主とヨガを楽しむ犬がスゴかわいい