breakthechains0_640

 ペットを飼うには覚悟がいる。最後まできちんと責任をもって面倒を見るという覚悟が。だが世の中には飼えなくなったペットを捨てていくような、無責任な飼い主もいないわけではない。

 それもわざわざ木に繋いで行ったり地下室に繋いで行ったりなど、餌も水も摂れない環境に置き去りにするケースもあったりする。

 今回アメリカから届いた動画のケースでは、飼い主が犬を鎖につないだまま引っ越してしまったらしいんだ。運よく近所の人に発見されたこの犬だが、無事に救出することができるのだろうか。
Advertisement
Advertisement


Break the Chains - Stray Rescue of St.Louis

 アメリカのミズーリ州セントルイスに本拠を置ストリートアニマルの保護団体、「Stray Rescue」に「鎖につながれたまま捨てられている犬がいる」との通報が入ったのは、今年1月中旬のこと。

 早速現場に駆けつけると、そこには骨と皮ばかりの姿にやせ細った犬がいた。
breakthechains1_640

 どれだけ長い間放置されていたのだろう。お腹を空かせた犬はスタッフの与えた餌に飛びついて、夢中になって食べ始めた。

breakthechains2_640

 鎖を切ろうと試みるものの、頑丈な鎖はなかなか外すことができず、悪戦苦闘するスタッフ。

breakthechains3_640

 ようやく外れた! これでもどこにでも行けるね!
breakthechains5_640

 車に乗ってからも、ドッグフードの袋を破ってむさぼるように食べ続ける犬。もう大丈夫、これからは好きなだけ食べられるよ。

breakthechains6_640

 透き通るようなブルーの瞳が印象的なこの犬は、「コバルト」っていうステキな名前を付けてもらったんだって。



 この救出劇から2週間。コバルトはすっかり元気を取り戻し、毎日オモチャで遊んだりお散歩をしたり、美味しいご飯をお腹いっぱい食べているそうだよ。


written by ruichan

▼あわせて読みたい
Stray Rescue~明日迎えに来るからね!母犬と子犬たちのレスキュー大作戦


冷たい雨の日にカフェの軒先にいた野良犬。トルコで野良犬にやさしさを示した女性がいた。


飼育放棄されていいた保護犬をヘアカット、驚異のビフォア・アフター


何が何でも連れて帰るよ!アマゾンの真っただ中に取り残されていた犬を保護した男性がいた


家を買ったら地下室に犬がつながれていた!との通報に救助隊が駆けつけた