wildwest9_640

 開拓時代の西部。そこには一獲千金の夢を求めて、食い詰めた無法者が集まっていた。自分の身は自分で守る。自分の道は自分で切り開く。タフガイでなければ生き延びられない、苛酷で熾烈で、そして自由な世界がそこにはあった……。
Advertisement
Advertisement


Wild West. Wanted Сat Steals Food From Moving Freight Train

 荷台にたっぷりの食料と、そして夢と希望を載せて、オモチャの列車は西部のフロンティア目指して出発するぞ。

wildwest3_640

 だが荒野には無法者がつきものだ。この辺りに出没するのは、プーシクという名の賞金首。

wildwest4_640

 列車の到着をどこからともなく嗅ぎつけて、早速荷台を襲いにやって来た!
wildwest5_640

 食料を持ち去る度に、賞金額もどんどん跳ね上がって行く。
wildwest7_640

 10万ドルだった賞金額が、最後には250万ドルになってしまった。それだけ大物になり、悪名もよりとどろいたということなのか。

wildwest10_640

 目的地に到着した列車の荷台はほぼ空っぽ。そしてそこには自らの手配ポスターの傍らで、満足げにくつろぐアウトローの姿があったのだった。ちゃんちゃん。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
猫はアルミホイルの上を歩くのがキライ?プーシクくんに被験体となってもらった結果


保護猫プーシクくん「ボク新聞に載ったんだよ!」その新聞紙で遊ぶ猫


早く終わらせてくれないかニャ…。保護猫プーシクくん、お風呂タイムに少しだけ文句を言う


ピクリ!ご飯の音がしたニャ!猫缶を開ける音を聞くなり飛んでくるプーシクくん


ふむふむ、これ何のニオイかにゃ?保護猫プーシクのくんかくんか