danceswithsharks0_640

 急に冬らしくなってきた今日この頃、南の島とかあったかい場所に逃げ出したいな~なんて思ってる人もいるんじゃないかな。

 そんなみんなにとある海の中の風景をプレゼントするよ。トロピカルな海とクールなお魚さんたちと戯れる、ダイバーの様子をぜひ見てほしい。
Advertisement
Advertisement


This fearless freediver "dances" with two massive tiger sharks

 白い砂に海藻がそよぐ海の中。フリーダイビングを楽しむダイバーの周りに、サメたちが寄ってきた。

danceswithsharks1_640

 鼻先にタッチしてみたら一瞬「ん?」という表情を見せたけれど、特に嫌がる様子もなく静かに泳ぎ続けるサメ。

danceswithsharks2_640

 近くにいた魚たちもダイバーの周りに集まってきて、なんだか賑やかな状況に。
danceswithsharks3_640

 やがてその場を離れるダイバー。何事もなかったように静かに泳ぎ続けるサメたち魚たちの姿が、かえって幻想的な雰囲気を醸し出していた。

danceswithsharks4_640

 動画の説明によると、このサメたちはイタチザメらしい。マランダーでも何度か紹介しているサメだけど、ホオジロザメに次ぐ獰猛さで海のギャングと呼ばれる危険なサメだ。

 このダイバーの行動は命知らずと言ってもいいかもしれないが、それにしては穏やかで平和な雰囲気過ぎるのは何故だろう。良い子のお友だちは、ダイビング中にイタチザメを見かけた場合、絶対に近寄らないって約束してね!

 世界には比較的安全で人懐っこいサメもいて、たとえばコモリザメなんかだと「サメといっしょに泳ごう!」をウリにしているビーチでスキンシップを楽しんだりできるところもあるみたいだ。興味のあるお友だちは、ぜひ遊びに行って感想をレポートしてほしいな。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
サメはやっぱり海のわんこだった?ダイバーになつきまくるバハマのサメたち


むしろ気付かなくってラッキーか?マイアミのビーチを悠々と泳ぐイタチザメ 


南の島の日常的風景。憧れのトロピカルビーチ、モルディブの波打ち際ででサメとお散歩してみない?


うわ、危なかった!カヤックを漕いでいたらパドルをサメがガブリンチョ!


サメにもわんこ要素あり?大きなサメを思いっきりモフるダイバーたち