recoverfromsurgery5_640

 ウサギのピプキンくんの野菜魔法陣の話をしたときに、同じウサギのアイドルであるビニくんが手術をしたよって、チラッとお伝えしたと思う。

 そのビニくんの手術後の様子が動画で公開されていたよ。どうやらすっかり元気を取り戻してきたようなので、安心して見てあげてほしいんだ。
Advertisement
Advertisement


Bunny fights to recover from surgery

 飼い主さんがビニくんの首に、こぶのようなモノができているのに気づいたのは、去年の大晦日のことだった。

「手術で除去するべきなのか? だけど手術はあまりにもビニに負担がかかりすぎるのでは? このまま見守った方がいいのか?」と、飼い主さんは悩み抜いたあげく、手術を受けさせる決断をした。

 手術前、ビニくんを抱きしめる飼い主さん。

 1時間を要した手術は無事に成功。今日は流動食だね。
recoverfromsurgery1_640

 2日目はやわらかい葉っぱをもりもり食べたよ!
recoverfromsurgery2_640

 3日目。もういつも通りのお食事にもどった!
recoverfromsurgery3_640

 4日目……そのカラーに何が起こったか聞いてもいい?
recoverfromsurgery4_640

 10日目。元気にバスケットボールで遊ぶビニくん。
recoverfromsurgery7_640

 そして2週間目。カラーも取れて、すっかり元気になったんだよ!
recoverfromsurgery8_640

 何かのきっかけでバーサーカーのスイッチが入ってしまうこともあるビニくん、「邪魔っ!」と思ったカラーに対しても、スイッチオンしてしまったのかもしれない。

 ビニは現在8歳になるが、かつては「お絵描きウサギ」として一世を風靡し、また「1分間のスラムダンクの数」でギネス記録を勝ち取った凄いウサギだったんだよ。


 そんなこんなで世界中のファンたちも、ビニくんの復活を喜ぶとともに、日々ボロボロになっていくカラーについて議論をしていた。

・深刻な病気じゃなくて本当に良かった!
・早く元どおり元気になってね!
・「カラーが大嫌い!」な気持ちがすっごく理解できたよ
・どんどんボロボロになっていくもんね(笑)
・カラーから解放されたときのビニの顔が想像できるよ

 次回はぜひビニくんのアーティストとしての一面にフォーカスを当ててみたいと思う。みんな楽しみに待っててね!

written by ruichan

▼あわせて読みたい
果物たっぷりのカクテルはいかが?ウサギのビニくんバーテンダーとなる


「ふざけんなこの紙こうしてやる!」飼い主さんの貼り紙に怒れるウサギが凶暴化


ウサギはパンプキンがお好きでない?うちのウサギにカボチャをプレゼントした結果


これは最高のお昼寝タイム。お昼寝中のウサギを即起床させることができる好物とは?


寒い冬にはモフ要素が必須。可愛いウサギたちに癒される動画をご覧ください