syria0_e
image credit:Facebook

 戦禍のシリアで野良猫をはじめとする動物たちの保護活動に献身的に取り組んでいる、ムハンマドさんの「猫の家」。だが今月に入って内戦の状況が激化し、ムハンマドさんたちはやむなく施設を閉鎖して避難することを余儀なくされたという。

 動物たちはもちろん、人間の命も危険にさらされている現在のシリア。我々には彼らの無事を祈ることしかできないのだろうか。
Advertisement
Advertisement

停戦が破られ、市街地が空爆にさらされている



 シリアの内戦はアサド政権側と反政府勢力の争いに加え、ロシアやトルコの介入など諸外国の思惑も入り込んで、複雑怪奇な様相を呈している。今月12日にいったん停戦が合意されたのだが、その平和も3日しか続かなかった。

 15日から政権側による激しい空爆が開始され、多くの犠牲者が出ている模様。「猫の家」のスタッフたちは、空爆の中猫たちの保護に奔走する。動画の中で、爆撃音が何度も響くのがわかると思う。本当に危険な状況だ。



 人っ子一人いないゴーストタウンと化した市街地に、猫たちの鳴き声と爆撃音だけが響く。エサをやるモハンマドさんも命懸けだ。



 罠をしかけるモハンマドさんたち。いったい何匹の猫を救えるのだろうか。


市街地にあった施設から避難を余儀なくされる動物たち



 このままでは危ない! モハンマドさんたちは「猫の家」をアレッポから避難させることを決断した。ここにいたのは、猫やサル、ロバや犬などで、とりあえず郊外にある保護施設に移すことにしたのだが、現地には十分な設備が整っていない。



 郊外の施設は、今や動物たちの「方舟」となった。爆撃の続くアレッポから、少しでも早く、1匹でも多く避難させなければ。

「猫の家」にはまだ多くの猫たちが残されているようだ。モハンマドさんは国外の保護団体にサポートを求めたのだが、状況が状況だけにまだどこからも手は差し伸べられていないとのこと。



「猫の家」のすぐ近くにも爆撃が



 郊外の施設には、現在既に800匹ほどの猫たちが保護されているんだそう。そして今日、アレッポの「猫の家」から20mの距離に爆撃があったとの知らせが走った。危機一髪だったね。

 最新の映像がこちら。今日は雨が降ったので爆撃機が飛ばず、静かな1日を過ごせたらしい。とりあえず空爆が落ち着くまでは緊急避難をして、先のことはまた改めて考えるそうだ。



 以前この「猫の家」のレポートをしてくれた、ユーチューバーであり「小さなジャーナリスト」と呼ばれるムハンマド・ナジェムくんも、現地の状況をレポートし続けてくれている。



 17歳になった彼のフェイスブックインスタグラムからは、リアルタイムで現在のシリアの悲惨な状況が発信されている。あまりにもショッキングな映像が多いのでここでは紹介しないけれど、真剣に興味を持ってくれた人はぜひ直接見に行ってほしい。

 ちなみにモハンマドさんと「猫の家」の公式サイトでは募金も受け付けているので、よかったらこちらも行ってみてほしい。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
戦禍のシリアから~「猫の家」再び~交通事故で大ケガをした猫を救え!


戦禍のシリアにて。保護施設「猫の家」で子犬の面倒を見る母猫が発見された


みんな元気で本当に良かった!ダンボール箱で捨てられていた猫たち、ひとまずもう安心の模様


「これから幸せになるんだよ!」ニューヨークの野良猫ビフォーアフター


Hope For Paws〜何が何でも我が子を守る!生まれたばかりの子猫とその母猫の救出劇