horsedentist0_640

 みんなは歯医者さんに行くのって好きかな? いや悪かった、多分「絶対無理!」っていうお友だちが大多数だよね?

 あのドリルの音とかニオイとか、思い出すだけで身の毛がよだつ気がする歯医者さんだが、歯の治療をするのはなにもニンゲンだけじゃない。

 今日は珍しい「馬の歯医者さん」の様子をチラッと垣間見てみよう。
スポンサードリンク


Young horse supports friend during dentist visit

 今日は馬のスクラブルさんが、歯の治療にやってきた。獣医さんが手慣れた様子で、口にドリルを突っ込んで歯を削っていくよ!

horsedentist1_640

 横にいるのは付き添いでやってきたメディチさん。まだ生後9ヶ月の女の子だけど、とっても落ち着いていて好奇心が旺盛。歯医者の付き添いにはピッタリなんだ。

horsedentist2_640

 メディチさんのおかげで、無事にスクラブルさんの治療も終了。ニンゲンよりも勇敢に歯の治療を受けられたみたいだね。

horsedentist3_640

 馬の歯は年に3~4mmずつ伸び続けるんだそうだ。野生においては食べ物を咀嚼することで自然に摩滅するのだが、飼育下ではなかなかそうはいかないため、放っておくと炎症を起こしたり経系したりと、トラブルのもとになるんだって。

 ニンゲンの場合も歯のトラブルは、全身の健康に大きく影響しちゃうんだ。「痛い!」ってなってから歯医者さんに駆け込むと、治療でも痛い思いをする羽目になることも多いから、常日頃から予防を心がけて、定期的に歯のお掃除をしてもらっておくのが正解だからね!

written by ruichan

▼あわせて読みたい
「ウマには触らないでください」そう書かれた看板には意味があった…。ビーチに現れたウマを撫で続けた男性を襲った悲劇


ああもう、とろけちゃいそう……!マッサージが気持ち良すぎて笑顔になってしまった馬


この刺激がタマラナイ?電気柵におしりスリスリ、恍惚状態なウマがヤバい


こんなの聞いてないよ、冷たいし寒いしもう帰る!雪の中、思わず回れ右してしまうウマたち


ニワトリとウマの音楽隊。絶叫系オモチャが気に入りすぎてしまったウマ


このエントリーをはてなブックマークに追加