dropped3
image credit:YouTube

 アメリカ、ネバダ州にあるカジノや経てるで有名な都市ラスベガスにて、平和に暮らす鳩たちに何やら一風変わった流行りがあるようだ。

 人々がSNSに投稿したところによると、小さなカウボーイハットをかぶった鳩が目撃されているらしい。
スポンサードリンク


Who did this? Pigeons spotted with hats in Las Vegas

 ラスベガス市は砂漠の中にあり、夏は暑いが冬は冷え込みが厳しい。よって厳しい冬を超えるには帽子はありがたいものかも…と思いきや、地元の動物愛護団体は「虐待の可能性もある」として、鳩の保護を行っているとのこと。どうやら現時点で赤と茶色とピンクのハットをかぶらされた鳩の目撃情報が上がっているらしい。

 赤いハットの鳩と
dropped3
image credit:YouTube

 ピンクのハットの鳩が目撃されているらしい
dropped4
image credit:YouTube

 なんともかわいらしい世界だけど、問題視されているとのこと
dropped5
image credit:YouTube


一見するとやさしい世界風だけれど、どうやらハットに糊をつけて頭にのせられている可能性があるらしい。「帽子のふちに抜けた羽毛がくっついているように見えるのが気がかり」だと愛護団体は語っている。現在、茶色のハットをかぶった鳩に関しては噂にはなっているものの未確認だそうだ。

 野生動物たちには厳しい季節となるかもしれない冬だけれど、人間の遊び心で無理やり衣服をくっつけるのはよくないね。

written by kokarimushi

あわせて読みたい
シンガーでダンサーでエンターティナー。愉快で多芸な鳥たちの所業総集編


なんでそんなところに挟まった?クチバシが壁にハマって動けなくなったハトを助けに行くよ!


えっ、いきなり何してるん?エサを食べている途中で突然バク転をキメるハト


ハトだってアレに弱い。甘えん坊なハトさんの液状化待ったなし


孤児となった子ジカの親友となったのは1羽のハトだった。


このエントリーをはてなブックマークに追加