eaglebathing3_640

 ニンゲンにも動物にも、お風呂好きもいれば風呂嫌いもいる。嗜好の範囲での好き嫌いもあれば、もともと種族的に水に浸かるのが苦手な生き物も。

 それでもやむにやまれぬ状況下で、入浴を余儀なくされることもある。今回登場するこの生き物が、お風呂好きなのかどうかは定かではないが、少なくとも嫌いじゃなさそうな感じは伝わってくるんだけどどうだろう。
Advertisement
Advertisement


Oil Covered Eagle Enjoys Bubble Bath || ViralHog

 あわあわのバブルバスに、一羽の鷲が浸かっている。抵抗する様子もなく、おとなしくされるがままに洗われちゃってるよ。

eaglebathing1_640

 スポンジで丁寧に洗ってもらって、なんだか気持ち良さそうだね。
eaglebathing2_640

 この鷲は魚油に羽が覆われてしまっていたそうなんだ。魚油というのは字の通り魚から採れる油で、石鹸や食用にも用いられるが、放置しておくと悪臭がするし、鳥の羽に付着すると体温を維持できなくなったり飛べなくなったりと、命にもかかわる事態になりかねない。

 ここはオーストラリアのタスマニア島にあるRaptor Refugeという猛禽類の保護施設である。鷲や鷹、フクロウの仲間など、助けを必要とする猛禽類を保護し、再び野生の世界へと帰って行けるよう、手助けをしてあげているんだ。

 元気になった猛禽たちは、こうして大空へと放される。

 一般向けのワークショップやツアーも積極的に開催しているそうなので、タスマニアを訪れる機会があったらぜひ寄ってみてはどうだろうか。もちろんタスマニアデビルにコンニチハするのも忘れずに!

written by ruichan

▼あわせて読みたい
なんて美しい鳥たち!猛禽類をスーパースローモーションビデオで撮影してみた


朝起きてみたら想定外のお客さんが!ドアのところで叫んでいるタカにビックリ


「ちょっと乗っけてくださいな」ハリケーン・ハービーから避難してタクシーに乗り込んできたタカ


「ちっ、惜しい!」檻の中にいるも知恵者なワシ、自分の餌で鳥をおびき寄せ捕食を試みる


気分は猛禽類。ワシ先輩の目線でアルプス観光