mikankoi0_640

 池の鯉たちと仲良く穏やかな日々を過ごしていた、ラグドールのティモ。彼が天国へと旅立ってから、残されたトビーや新入りのミカは、鯉たちとどのような関係を築いていくのだろうか。

 特にやって来たばかりのミニチュア版ティモ、ミカは鯉たちに受け入れてもらえるのか。そしてミカも鯉たちを友だちとして付き合っていけるのだろうか。

 今日はミカと鯉たちとのファーストエンカウンターの瞬間を見てもらおう。
スポンサードリンク


Kitten Meets Giant Koi Fish For The First Time

 初めて鯉たちとのご対面……に来たミカくんだったが、池とは反対側の壁にぺたりんこ。

mikankoi1_640

 子猫のミカと比べたら、池の鯉たちでかいよね。これは確かにおっかなびっくりになっちゃっても仕方がない。

mikankoi2_640

「ねえこの魚たちキケンじゃない? ボクのこと食べたりしないかな」
mikankoi3_640

 後ろから励ますように覗き込むトビーくん。そういえばトビーも最初は鯉たちに腰が引けてたっけ。



mikankoi4_640

 時間かけて少しずつ、ミカと鯉たちとの距離も縮まってきたみたいだ。
mikankoi5_640

 ゆっくりとお互いの存在に慣れていきながら、新たな友情がはぐくまれていくに違いない。いつかティモがしていたように、ミカも鯉たちとラブラブな関係になるかもしれないけれど、それはまだ先の話である。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
ラグドールのミカ「ハンモックマスター」となるべく特訓中!ティモ家の伝統はしっかり守って行かなくっちゃ


先住猫の亡き後、その愛らしいクセは後輩猫たちにしっかりと引き継がれていた


ティモそっくりな弟ができたよ!ラグドールの子猫がトビーのおうちにやって来た


元気出してよ、僕たちもティモが大好きだったよ!池のコイたちがトビーにご挨拶


病気により池のコイがほぼ全滅?ラグドールのティモ、傷心気味か。



このエントリーをはてなブックマークに追加