pandacollection7_640

 赤ちゃんのお世話は、たとえ相手が一人だけでも大変なモノ。これが双子とか年子ともなれば、その大変さは倍どころか三乗四乗となって、保護者の肩に重くのしかかってくる。

 毎度おなじみ成都ジャイアントパンダ繁育研究基地の飼育員さんの肩にも、文字通り子パンダズの重みがズッシリと……。思わず肩をもんであげたくなっちゃいそうなお仕事っぷりにフォーカスしてみた。
スポンサードリンク


Nanny's panda collection

 両手に花…いや団子? おにぎり? いや子パンダズを抱えて、スタスタ歩いてくる飼育員さん。重くないのかな?

pandacollection1_640

 と思ったら途中で休憩。やっぱりちょっと持ち直してみた。
pandacollection2_640

 さあ、日向ぼっこしてお昼寝よ。順番に下ろしていく飼育員さん。
pandacollection3_640

 あらま、まだ追加があったのね。
pandacollection4_640

 よいしょっと、さあ、これで全部っと。
pandacollection5_640

 そんな飼育員さんの苦労を知ってか知らずか、気持ちよさそうにゴロゴロしている子パンダズ。

pandacollection6_640

 役得いっぱい楽しそう!に見えることもある飼育員さんのお仕事だが、やっぱりハードな肉体労働。子パンダズの相手をしながら邪魔されながら、お掃除やらいろいろやることはいっぱいだ。

 好きじゃなきゃやってられないと思うけれど、好きだけでもやってられないんだろうな。飼育員の皆さま、お疲れ様です。これからも子パンダたちに負けずに頑張って!

written by ruichan

▼あわせて読みたい
ころころ子パンダの「なぜそこを通る?」どうしても狭いところを進みたいお年頃


子パンダの上に子パンダを乗せて。メイさんと子パンダズ、赤ちゃんパンダのお世話をする


まんまるふわふわ可愛いコイツ!いつまでもこうしていたい、子パンダを抱っこする飼育員さんの至福


そうだね、抱っこしてくれるなら移動してあげてもいいよ!意地でも自分では動かない子パンダ


いったい中には何があるのか?ドア開けて中に入れて!な子パンダズ



このエントリーをはてなブックマークに追加