NYstraycat0_640

 ここはニューヨークのブルックリン。大都会のど真ん中で、野良猫たちの保護活動をしているFlatbush Catsの活動の一端を、先日ご紹介したよね。

 野良猫たちが新しいスイートホームを手に入れて、ずっと幸せに暮らせるよう骨を折っている彼らだが、手元を巣立っていく時にはやはり少しだけさびしく感じることもあるようだ。
Advertisement
Advertisement


Street Cat Rescue: Before and After

 テディが保護されたのは、今年の夏のことだった。薄汚れ、ノミに覆われていたテディ。

NYstraycat2_640

 ご飯を食べてお風呂に入り、スッキリさっぱり。
NYstraycat3_640

 見た目はすっかり生まれ変わったテディだったが、腎臓に疾患があることが判明した。

NYstraycat4_640

 医療チームと相談の結果、テディは腎臓と膀胱を結ぶバイパスを入れることに。
NYstraycat5_640

 手術にかかる費用は安くはなかったが、テディのことを知った人たちが支援してくれたおかげで、無事に手術を受けることができたんだ。

NYstraycat6_640

 手術は成功し、健康を取り戻したテディ。まだ通院や投薬は必要だが、走り回れるまでに回復した。

NYstraycat7_640

 保護した猫が元気になったということは、新しいおうちへと引き取られていくことを意味する。

 病気と手術をともに乗り越え、里親がみつかるまでの7か月間を親身になって過ごしたFlatbush Catsのメンバーたち。テディが幸せな家庭の一員となれることを心から喜びつつも、一抹の寂しさを隠せないようだった。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
これはもうまるで別猫!「助けてくれてありがとう」ニューヨークの野良猫がスイートホームを見つけるまで


Hope For Paws~レーザーワイヤーにしっぽが絡まり宙づりになった猫を救え!(出血注意)


ねえ、お腹の赤ちゃんのために何か食べさせて!人間に食べ物をねだるマタニティ猫


雪の日にやってきた野良猫たち、心優しい人々の手助けを得て無事に里親が決まる。


これもまたNNNのやり方か。飼い犬の散歩中に草むらの中に子猫を発見!その数10匹。みんなしっかりお持ち帰り。