RIPrambro6_640a

「怒れるヒツジ」として世界中の注目を集めていたあのラムブロ氏が、今月の14日、虹の橋の向こう側へ旅立っていったというニュースが飛び込んできた。

 撮影者であり、ラムブロ一家が暮らす山の持ち主でもあるマーティ・トッドさんが、ラムブロさんとの別れのシーンをつづった動画を公開していたので、マランダーでもシェアしておくよ。

 途中ラムブロさんの身体が写るシーンがあるので、苦手な人は閲覧注意でお願いするよ(グロではないよ!)。
Advertisement
Advertisement


A Tribute to Rambro the Angry Ram

 かつてラムブロ氏が自由に闊歩し、気に入らない相手には手当たり次第にケンカを売っていた、懐かしいこの山の風景。

RIPrambro1_640

 戦闘民族の誇りをかけて、どんな相手にもひるむことなく立ち向かっていたラムブロさん。

RIPrambro2_640

 だが今日、マーティさんが山道を走っていたところ、道端で変わり果てた姿のラムブロさんを発見したんだ。

RIPrambro4_640

 呆然としつつ、冷たくなったその身体をなでてやるマーティさん。
RIPrambro5_640

 凶暴さばかりが印象に残るラムブロさんだが、こんなふうに人懐っこく甘えることもあったんだね。彼がこの山に来てからの思い出が、走馬灯のようにマーティさんの脳裏を駆け巡る。

RIPrambro7_640

 ラムブロさんの死因はどうやら、老衰による自然死だったらしい。2007年にマーティさんがラムブロ氏を引き取った時、すでに「年取ったヒツジ」とコメントしていたことがあるので、相当高齢ではあったようだ。

 いつもラムブロ氏が自由に駆け回っていた山の中に、マーティさんはお墓を作ってあげた。これからこの山もさびしくなるね。

RIPrambro8_640

 
 たくさんの子供や孫たちに恵まれて大往生したラムブロさん。マーティさんは彼のチャンネルをどうするかまだ決めていないそうだが、ラムブロ家の怒れるヒツジの血は脈々と受け継がれているようではあるし、マランダー的にはぜひこのまま、更新を続けてほしいと願っているよ。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
怒れるヒツジの子孫を止められるか?動画撮影に盾を導入してみた


怒れるヒツジのラムブロさん、トリックオアトリートにもおこ!


パパとなり丸くなった?怒れるヒツジのラムブロさん、息子を見せびらかしに来る


そのヒツジ、凶暴につき…。断熱材に怒りをぶつけるニュージーランドの暴れん坊


その頭突きはまさにオーバーキル。怒れる黒ヒツジのラムブロさん、森に浮かぶテザーボールをロックオン