olympia1_640

 みんな大好き、毎度おなじみ成都ジャイアントパンダ繁育研究基地の子パンダズ。

 ここにはたくさんの子パンダたちがコロコロ暮らしているんだけれど、中にはとっても個性的な子パンダちゃんもいるみたい。

 今日はそんな「他人(パンダ)とは違う!」こだわりを持った、オリンピアという名前の子パンダちゃんを紹介しよう。
スポンサードリンク


なんでそこを?奥林匹亜

 コロコロ子パンダズが思い思いに過ごしている飼育舎の中に、飼育員さんの「おいでおいで~」という呼び声が響き渡る。

olympia2_640

 他の子パンダズがいっせいに出て行く中、なぜか別行動をとる子パンダが。
olympia3_640

 再三呼ばれて「あ、行かなきゃ」と思ったらしいけれど、なぜかわざわざ台の下を匍匐前進で通り抜けるよ。

olympia4_640

 別の日もやっぱり台の下に入り込む。
olympia6_640

 ひとりっきりの時も、やっぱり狭いところへ潜り込む。
olympia7_640

 どうしても台の下を通りたい子パンダちゃん、この子の名前は「オリンピア」っていうんだって。2015年生まれで、今4歳の女の子だ。

 聞くところによると、パンダの年齢に3をかけると、だいたいニンゲンの年齢に換算した数字になるんだって。てことはオリンピアちゃんは、ニンゲンで言えば12歳くらい?

 お友だちとグループで、おんなじ行動を取りがちなのがこのお年頃のガールズって気がするけれど、ゴーイングマイウェイなオリンピアちゃん、これからも個性を大事に、ぜひ我が道を行ってほしいものである。 

written by ruichan

▼あわせて読みたい
いったい中には何があるのか?ドア開けて中に入れて!な子パンダズ


日向ぼっこでうっかりメルティ。とろける子パンダズのお昼寝中、飼育員さんも少し溶けてた


「ねえ、ホントに何やってるの?お腹がのりでくっついた?」床と仲良くなってしまった子パンダのジタバタ


「お姉さん、ボクお片付けしてあげる!」お手伝いしたい子パンダがやはり邪魔にしかなっていない件


大熊猫というからには、やはり猫要素が含まれるのか?カゴに入りたいパンダたち総集編



このエントリーをはてなブックマークに追加