mysock5_640

 いつも元気いっぱいに犬生を楽しんでくれちゃってるのが、ノルウェーに住む黒柴のマックスくんである。このマックスくん、木の枝のほかにも、ご主人の靴下が大のお気に入り。

「ご主人のモノはボクのモノ!」とばかりに、靴下を返してくれないマックスくん。その微笑ましい飼い主さんとの掛け合いを、ぜひ楽しんでもらいたい。
スポンサードリンク


Don’t talk to me or my sock ever again

 マックスくんがその口にしっかりとくわえているのは、ご主人のソックスのかたっぽである。「ちょっと返してよ!」と手を出すものの、マックスくんは華麗にスルー。

mysock1_640

「ダメだよ! これはボクのだもん!」と、向こうに持って行っちゃった。
mysock2_640

「そんなに気に入っちゃったの?」
mysock3_640

 わんこってなんで靴下とか好きなんだろう。しかも片っぽだけのコレクションを大事に隠し持ってたりするんだよね。

mysock4_640

 この靴下はご主人から、マックスくんにプレゼントされたようだ。そもそも所有権は当然のようにマックスくんにあるみたい。

「無理やり取り返したらろくなことにならなそうだし」と、あきらめモードの飼い主さん。みんなのところのペットたちも、靴下を持って行ったりするのかな。いつも取られてしまうアイテムとかあったら、こっそりコメント欄で教えてね!

written by ruichan

▼あわせて読みたい
ゲームなんかやめてボクと遊んで!さもないと…と飼い主におねだりする柴犬


スゴい宝物見つけちゃった!木の枝を拾ったら「嬉しい!楽しい!」のスイッチが入ってしまった柴犬


ちょっと突然隠れないでよ!散歩中にご主人消えちゃった、どこー?な柴犬


謹賀新年。幸せそうで平和そうで悩みのなさそうな柴犬と猫の寝顔で新しい年を寿ごう


「泣くなら私も一緒に鳴きまっせ」赤ちゃんを必死であやす黒柴もなかさん



このエントリーをはてなブックマークに追加