trappedbear3_e
image credit:Facebook

 野生の猛獣でありながら、ときたま人里におりて来てはお騒がせな事態を引き起こすクマー。その実例は枚挙にいとまがないほどだが、なぜかヤツらはゴミ箱にハマるのが好きらしい。

 まあゴミ箱には残飯だとか美味しそうなものが入っていたりもするわけで、アライグマなんかもハマってたこともあったりするが、アンタたちちょっと身体のサイズを考えなさいよ!と言いたくもなっちゃうよね、こんな動画をみちゃうとさ。
スポンサードリンク



 事件は今月4日、カリフォルニア州のキングスビーチで起こった。地元で「Tシャツ」というニックネームで呼ばれているクマが、ゴミ箱の中に閉じ込められてしまったのだ。

trappedbear2_e
image credit:Facebook

 現地プレイサー郡の保安官補たちが駆け付けて、Tシャツを何とか救おうと試みるが、お馴染みさんとはいえ巨大なクマー。へっぴり腰でも責めないで!

trappedbear4_e
image credit:Facebook

 なんとかフタを開けてやることに成功したぞ。
trappedbear5_e
image credit:Facebook

 あとは自力で脱出するTシャツ氏。この後慌てる様子もなく、悠然と歩み去って行ったのだった。

trappedbear6_e
image credit:Facebook

 プレイサー郡といえば、先日も子グマがゴミ箱に閉じ込められちゃって、お母さんが必死に助けを求めていたというお話もあったよね。



 ゴミ箱→美味しいものある?→入っちゃおう!→出られない!までが様式美となっている気もしないではないが、今回は誰も不幸にならずに済んだのが幸いな事件だったと言えるだろう。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
「ヘイ、バディ!何してんだい?」突然声をかけられて脱兎のごとく逃げ出すクマー


食いしん坊の子グマ3兄弟をごみ箱からレスキューするよ


「ふふふ我々クマーの手にかかれば、こんなゴミ箱ひとたまりも…って、あれ?」ゴミ箱とクマとの壮絶な戦いをご覧ください


もうダメかと思ったなりよ…。ドラム缶に頭がはまって動けなくなったクマをハンターが救出


「へるぷみー、ええと、降りたいんですがっ!(涙目)」ゴミ収集車でヒッチハイクのクマ



このエントリーをはてなブックマークに追加