bearbelly0_640

「クマおじさん」ことジムさんが運営しているオーファンド・ワイルドライフ・センターには、ガタイがでかいくせに超甘えん坊なクマーたちが暮らしている。

 今日はジムさんの奥さんであるスーザンさんの前にお腹をさらして、モフをねだっているヒグマのレオくんの姿態をとっくりとご覧に入れよう。
スポンサードリンク


Leo the bear getting belly rubs and scritches.

 さあモフって! 好きなだけモフって! さあさあ!
bearbelly5_640

 珍しいクマーの足の裏だって、余すとこなく見せちゃいますから。
bearbelly3_640

 足の裏もぽんぽん。
bearbelly4_640

 お顔もなでなで。
bearbelly6_640

 満足しきって眠りに落ちていくレオくんなのであった。
bearbelly1_640

 オーファンド・ワイルドライフ・センターにはたくさんのクマたちが保護されているが、今日登場したシリアヒグマのレオは24歳になる最年長。

 以前ジムさんとのらぶらぶっぷりを見せつけてくれていたジンボは、残念ながら去年23歳で虹の橋を渡って行ったため、現在はこのレオが施設で一番年上なんだ。



 ニンゲンで言うと壮年まっさかりな働き盛りのお年頃だが、ボール遊びが大好きな甘えん坊なんだそう。ここのクマたちの甘えっぷりを見ていると、クマって可愛い!ってやっぱり思っちゃうけれども、野生の猛獣であることは忘れないようにしないとね。

 この施設でも最終的には、クマたちを野生に帰すことを目標にしている。夏の間はスペシャルなプライベートツアーも受け付けているそうなので、興味のあるお友だちはセンターのホームぺージを見てみよう。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
クマ大好きなジムおじさん、今日も今日とてクマとの友情を育んでいたよ


もっともっともっと遊んで!雪の中で繰り広げられる、クマズとおじさんの熱いイチャコラ


両手に花のジムおじさん。いっしょにいるだけで幸せ!なクマーたちと相変わらずのイチャコラぶり


やっぱり蜂蜜大好きクマー、「もっとちょうだい!」とクマおじさんにねだりまくり


クマーにもおじさんにもいろいろあるらしい。一日の終わりになごみたくなったクマー



このエントリーをはてなブックマークに追加