1909bbtb00
image credit:Instagram

 マランダーのお友だちにとって「踊りだしたくなっちゃうほどうれしい瞬間」って、どんなときだろう。やっぱりそれって、少し特別な瞬間だったりするかな?

 ピットブルのブルータスさんにとっては、毎日のおやつタイムも、おもちゃで遊ぶときも、いつだってそんなふうにうれしい瞬間みたいなんだ。

 喜びがあふれまくったブルータスさんのダンス姿を見てみよう。
スポンサードリンク


 目の前に差し出されたジャーキーを、静かにくわえるブルータスさん。

1909bbtb01
image credit:Instagram

 軽い足取りで部屋の奥まで運び、ジャーキーを床におくと、右へ左へと飛び跳ねだした!

1909bbtb02
image credit:Instagram

 「ジャーキーうれしい! これおいしいやつ!」喜びがおさえきれないようだ。

1909bbtb03
image credit:Instagram

 ようやく落ち着いてジャーキーをくわえ直し、少し歩いてくるも……。

 また喜びがこみ上げてきたのか、たまらず踊りだしてしまうブルータスさんなのだった。

1909bbtb04
image credit:Instagram

 ブルータスさんが踊るのは食べ物に限ったことではなく、おもちゃや棒きれをもらえたときにも、同じように喜びの舞を披露してくれるようだ。


 ピットブルは、国や地域によっては飼育が禁止されていることもあるほど、凶暴な犬種とされているけれど……。

 それぞれちゃんと個性がある。犬種でひとくくりにできるものでは決してないんだってことを、ブルータスさんの姿を見ていると感じるね。

 どうかこれからも、こんなふうに純真にうれしさを表現できるブルータスさんの毎日が、新しい喜びに満ちたものでありますように!

written by momo
▼あわせて読みたい
これが一番お気に入りだから。おしゃぶりを離さない犬のうっとりした表情


安楽死を待っていたピットブル、真の飼い主の元へ。すっかりかわいい女の子になったよ。


人間男性を見ると怖くて吠えたてるピットブル。虐待されていたピットブルが再び人を信じるまで


ピットブルのハスキーごっこ。ピットブルのカポネさん、ハスキーのように犬ぞりをひいてみたいらしい。


「こんなのひどいよ、かわいそうだよ!」ライオンキングを見て悲しくなってしまう犬


このエントリーをはてなブックマークに追加