savesealpups5_640

 ニンゲンが自然界に放置してしまった漁網や釣り糸、釣り針などのために命を落とす海洋生物たちは、年々増え続けているのが現状だ。何とかしたい、だけど何をしたらいい?

 今日は実際にそんな生き物たちの救助活動を行っている、ナミビア在住のヒーローたちをご紹介しよう。
スポンサードリンク


Kayakers help save seal pups entangled in netting.

 カヤックのパドルを手に、ビーチを走る撮影者さん。行く手にはアシカの群れがいて、何事か?と蜘蛛の子を散らすように逃げ惑う。

savesealpups1_640

 撮影者さんの目的はこの子供のアシカ。首に漁に使う網がきつく巻き付いているのが見えるだろうか?

savesealpups2_640

 多少強引に身柄を確保し、ハサミで網を切っていく。しかしガッツリと巻き付いていて、なかなか手強い。アシカの皮膚まで切ってしまいそうでハラハラするね。

savesealpups3_640

 ときにはこんな風に、紐用のカッターを使うことも。
savesealpups4_640

 この青いネットは、アシカ救助用に開発したもの。このおかげで、捕獲~網を切るまでが効率的に進むようになったそうだ。

savesealpups6_640

 この活動を進めているのは、撮影者でもある写真家のスカルク・ロウさんと、カヤック・ツアーの会社を運営しているノーデ・ドレイヤーさん。ナミビア在住の2人は、これまでに300匹ものアシカたちを救ってきたんだ。

 アシカに限らず、ニンゲンが放置した漁網やフックに絡まって、命を落とす海の生き物たちは後を絶たない。クジラウミガメジンベイザメ、そしてマンタなど、ダイバーに助けを求めてくる彼らの姿は、マランダーでもたびたびお伝えしている通りである。



 2人はもっと効率的にアシカたちを救えるよう、ハサミや捕獲用の網、追跡用のタグなどを開発するためのクラウドファンディングも立ち上げているので、興味のある人は見てみてね。

「ありがとう!」って言いに来たのかな。
savesealpups7_640

written by ruichan

▼あわせて読みたい
ニンゲンさん、お願いなんとかして!助けを求めてボートにまっしぐら!なアシカの子供


メキシコのビーチではアシカに「チュー」してもらえるそうな。嬉しそうな海水浴客たちをご覧ください


早く注文取りに来てくださいな。シェフもビックリ!レストランにアシカがご来店


大丈夫?転んだ少女を見守るアシカの懐の深さよ。


「我こそは海のライオンだ、ガオー!」とか、犬に向かって吠えるアシカにビックリ仰天


このエントリーをはてなブックマークに追加