1908brac04

 アメリカで、ある男性が1匹の子コヨーテを見つけた。まだ幼いそのコヨーテは、ひとりきりで草原を迷っているようで、近くに親の姿も見えない。

 どうにかして助けなければと考えた男性は、このコヨーテに声をかけながら近づいていった。
Advertisement
Advertisement


Botanist Rescues Abandoned Coyote Pup

 急にニンゲンから声をかけられたコヨーテは、当然のことながら驚いて逃げ出してしまった。

1908brac01

 しかしこの男性は、決してあきらめることなく、鉄条網を越えて、コヨーテを追っていく。

 「おいでおいで、大丈夫だから!」と、まるでニンゲンの子どもに話しかけるかのように声をかけながら走り続け、ついには座り込んだコヨーテに追いついた。

1908brac02

 観念したのか、それとも本当に体力がなくそれ以上走れなくなってしまったのか、キュウンキュウンと悲しげな声をあげるコヨーテ。

 男性は「大丈夫だよ〜大丈夫だから噛まないでね! 助けたいけど噛んじゃやだよ! お願いだから噛まないでよ!」とくり返し語りかけ、コヨーテを車に運び込んだ。

1908brac03

 この男性によると、コヨーテはなんらかの病気にかかっていると思われ、体重もかなり軽かった。与えたジャーキーも食べようとせず、心配する男性。

 いったん自宅に連れ帰り、お風呂タイム。動画の最後にはコヨーテはバスタオルにくるまれ「コヨーテブリトー」になっていた。

1908brac00

 その表情からは、草原で追いかけられているときのような怯えた感じが消え、こころなしか穏やかになったように見えたよ。

 動画には、コヨーテを助けた男性の行動についてコメントが多数寄せられていた。また、彼の独特の「シカゴアクセント」が気になって仕方がない人たちもいたようだ。

・「コヨーテブリトー」最高だったな!

・この人のシカゴアクセントのおかげで動画が30倍面白くなってる

・彼がこのコヨーテのために行動した、ってことが尊いよね

・こんなふうに誠実で、愛すべき人であってくれてありがとうと言いたいです

・この男性がまるで子犬に話しかけるかのようにずっとコヨーテに話しかけてるの、めちゃくちゃ良かった

 実はこのコヨーテは、男性が保護した2日後に残念ながら亡くなってしまったそうだ。

 人と野生動物保護の問題はどこまでいっても難しいけれど、ひとまずは虹の橋を渡ってしまったコヨーテブリトーちゃんのために祈りを捧げたいな。

written by momo
あわせて読みたい
突然どうしちゃったの?道の真ん中で遠吠えを始めるセグロジャッカル


異種間友情はまたしても生まれていた。ペットのヤギとコヨーテが見せたきゃっきゃうふふな追いかけっこ。


トントントン。すみません、おなかがすきました。アリゾナでゴルフ中、やせ細ったコヨーテがやってきた!


ちょっと怪しい?でも遊びたい?スパイカメラに興味津々なリカオンの子犬たち


「祝!脱ぼっち生活~」飼い主とユニゾンをする赤ちゃんコヨーテ