1908acbf00

 アメリカ・インディアナ州ローレンスの警官、ビショップ氏は、ある日住民から連絡を受けた。近くの空き家に犬がいるという。

 さっそく相棒と現場へ向かったビショップ氏。そこにいたのは、野ざらしでフェンスにつながれたままのハスキー犬だった。
スポンサードリンク


Live PD: A Cop's Best Friend (Season 3) | A&E

 住民の話によると、この犬は数日前からここにいるようだった。
 
1908acbf01

 空き家の裏口から庭に侵入すると、人の気配に気づいたハスキーは足をしきりにバタつかせ、尻尾をふってみせる。

 どうやら、完全にフェンスにくくりつけられているようだった。

1908acbf02

 首元をほどいて自由にしてやると、ハスキーはビショップ氏の体によじのぼり、しきりに飛びはねた。
  
 ようやく誰かが気づいてくれた! 自由にしてくれた! そんな喜びが全身からあふれ出しているようだ。
 
 日中は25度を超える気温の中、水もなく、ほとんど身動きもとれない状態で数日つながれていたハスキーだが、健康状態は悪くなさそうなのが幸いだった。

 ここでビショップ氏、おもむろにスマホを取り出してハスキーの姿をバシバシと撮影しはじめる。

1908acbf03

 ハスキーは1度、アニマルコントロールに引き取られ、健康状態のチェックや飼い主の検索などを行うことになるのだが……。

1908acbf04

 飼い主が名乗り出なかった場合、公共の保護施設では殺処分もあり得てしまう。

 その場合ビショップ氏は、みずからがこのハスキーを引き取ろうと考えていたんだ。ハスキーのナイスな写真を何枚も撮って奥さんに送り、事前に説得するという手段に出たというわけ。

 その後、このハスキーがどうなったかというと……。


 リゾ、と名づけられたハスキーは、ビショップ氏とその奥さんにめでたく迎え入れられ、専用のTwitterアカウントまで開設された。

 8年前、同じくビショップ夫妻に保護されたお兄さん猫のコルトとも、仲良く暮らしているようだ。

 リゾを救出しているあいだ「いい犬だ」「いい子だ」「毛だらけだ」「新しい相棒ができた」と、リゾへのほれ込みっぷりがダダ漏れだったビショップ氏。

 これはもう、運命の出会いだよね。人の勝手で捨てられてしまったリゾだけど、これからはめいっぱいの幸せが待ってるよ!
 
written by momo
あわせて読みたい
イケワンとイケメン再び。ハスキーのルナと飼い主のリアムさん近況


成長した?そのまんま?ハスキーのキーシュくん子犬時代と今のビフォーアフター


ゼウス、またまたお前か。「散歩に行くわよ」と言われてソファでぐずるシベリアンハスキーのゼウス


「ピザが食べたいわけやし~」ハスキー、飼い主男性の食べるピザを欲しがり、話し合いを開始


一度咥えたら離さないんだから。ぐるぐる回ってハスキーもバター化していた


このエントリーをはてなブックマークに追加