1908msnl00
image credit:Instagram

 箱へのフィット感に定評のある猫。それがダンボール箱でも鍋でも植木鉢でも、するりと体を忍び込ませて収まってしまうその様は、液体にたとえられるほどだ。

 どうすれば、それほど見事に箱に収まることできるのか。今回は、コペンハーゲンで暮らすラグドールのネリーさんにご教示いただこうと思う。
スポンサードリンク


 透明なタッパーを前に、「そうね、まずは寝床を掘るところから始めましょ」とネリーさん。

1908msnl01
image credit:Instagram

 「掘るべし!掘るべし!掘るべし!」我々のような凡人にはわからないが、おそらく一心不乱にタッパーのすみっこを掘ることで、何かしらの変化が起きているのだろう。

1908msnl02
image credit:Instagram

 こうしてひとしきり、タッパーのすみっこを掘ったネリーさんはするりと中に入り、ドヤ顔を決めてくれた。

1908msnl03
image credit:Instagram

 「こっちのほうが収まりいいわね」

1908msnl04
image credit:Instagram

 とまあ、結局のところ、なぜこんな小さな箱の中に猫はすっぽりと収まってしまうのか、そもそもこんなに入りにくそうな箱になぜ入ろうとしてまうのか、ますます謎は深まるばかりだったわけだけれど。

 我々は、そんな疑問を瞬時に解決する魔法の呪文をひとつふたつ、知っている。なので今回は、その呪文を唱えて納得するとしようじゃないか。


 「だって猫だもん」
 「可愛いからなんでもいいや」

written by momo
▼あわせて読みたい
ヒマラヤン・ラグドールミックスのオディーさんの水分摂取の姿がドラマチック


追悼~ラグドールのティモ、飼い主さんと暮らした7年間のメモリー


「いつか猫を飼いたくて、ついにこの子と出会いました!」小さな美猫に翻弄される海外掲示板の反応がこちら


これが幸せだったのか。お手手のしわと肉球をあわせて幸せ…。人間に合わせて肉球をグーパーしてくれる猫の存在


おやつ、おやつはどこですか…ご飯欲しさに棚の奥深くまで捜索に向かう猫たち


このエントリーをはてなブックマークに追加