dropped2
image credit:Imgur

 冠婚葬祭は季節や気候を問わず行われてしまうことが多い。猛暑の中の結婚式や、まるで冬のように冷える日のお祭りなど、我々の気分なんかをよそにイベントごとは催されてしまう。そんな事象に腹が立ったのか、にぎやかなパーティ会場にてじっと立ち尽くす少女のコスチュームが緑のアイツじゃん…と注目を集めていたようだ。
スポンサードリンク

The perfect kid at a wedding.


 パーティでは目立ったもん勝ち!なのだろう。そして少女は大人たちが踊るパーティにいささか退屈していたのかもしれない。だもんだから、踊る人々を前にハルクのマスクをかぶった少女はじっと立ち尽くしていた。あたかも誰かがカメラでズームしてくれるのを待っているかのように。

 踊る人々を見下ろすかのように立つ少女。
 なぜかハルクのマスクをかぶっているもんだからフロアの視線は独り占め!

dropped2
image credit:Imgur

 少女の存在に気づいた誰かが途端にズーム
dropped3
image credit:Imgur

 さらにズーーム!
dropped4
image credit:Imgur


 ってことで、パーティで目立つためには小道具や手段を問わずじゃんじゃん使っていこう。でもこの季節のマスクはかなり蒸れたり熱中症にもなりかねないので季節は選ぼう。ニンゲンたちの退屈な日々に刺激をくれる動物や子供たちの発想に拍手~!
 
written by kokarimushi

あわせて読みたい
歩くのに疲れたら引っ張ってもらえばいいじゃない?歩かない娘を運ぶお父さん、空港でがんばる


こんなのパパじゃない、知らない人怖い!髭を剃ってみたら愛娘に認識されず涙目のパパ


蹴ったり叫んだり、みんな違ってみんないい。びっくりばこを開けた子供、それぞれの反応


ホームセキュリティカメラがとらえた子供の正直で親切な行動


人生にはマサカという坂があるんです。予測不能な行動力のいたずらキッズ総集編



このエントリーをはてなブックマークに追加