cacknkooka5_640

 オウムやインコといった仲間は、鳥たちの中でも好奇心が旺盛なことで知られている。何にでも興味津々、何かが気になったら、ちょっといじってみないと気が済まない。たとえその好奇心の対象が他の生き物であったとしても、そしてその結果塩対応をされたとしても、へこたりたりはしないんである。

「なぜ」「どうして」それこそが正義。知識の追求、それあるのみ! 今日も彼らは相手の迷惑なんぞおかまいなしに突き進むのだ。
スポンサードリンク


Cockatoo teasing Kookaburra

 とあるお宅の塀にとまった2羽の鳥たち。左がワライカワセミ、そして右側がキバタンと思われる。どちらもオーストラリアではよく見かける鳥たちだ。

cacknkooka0_640

 どうやらキバタンは、ワライカワセミのしっぽが気になって仕方がないようだ。そーっとそーっと狙いを定めて、かじっ!

cacknkooka

「ちょっとアンタ、何すんのよ!」
「いいじゃない、減るもんじゃなし!」

cacknkooka6_640

 後ろではもう一羽のワライカワセミが、呆れたように眺めているよ。
cacknkooka7_640

 何度言っても止める気のなさそうなキバタン。「いいかげんにせーよ!」と、そろそろ反撃に出そうなワライカワセミの前に、いったん退場していったが、いったい何がしたかったのであろうか。

 うちのインコたちも、例えば糸くずが気になったら延々、本当に延々そればっかり引っぱっているけど、あの集中力?好奇心?にはたまに根負けしてしまう。もっとも一度飽きたらあっさりその場を離れて、もうそれっきりなんだけどね。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
「ちょっとそこの人、これ頼むわ!」と、ニンゲンに蛇口をひねってもらって水を飲むオウム


笑いと言えばワライカワセミ師匠。7羽のワライカワセミが一斉に鳴きだすとちょっぴりマッドネス!


回る回るよ、鳥だって回る。やめられない止まらない、換気扇に乗ってぐるぐる回るオウムたち


こちらでは黒いカラス、あちらでは白いオウムとな。オーストラリアの街中にいるオウムたちの日常


鳴き声をDJがリミックス。しばらくはワライカワセミサウンドをお楽しみください。



このエントリーをはてなブックマークに追加