dropped17
image credit:Instagram

 ミスタービグルスワースは生まれた時から毛のないウサギだった。ブリーダーたちの無理な交配がたたり、遺伝子上の問題で毛が生えないのだ。おおくの場合、こういったウサギは体が弱く、およそ4週間以内で死んでしまうという。毛のないミスタービグルスワースは貰い手も決まらず、ブリーダーたちが半ばあきらめて、Facebookに写真を投稿したところ、現在の飼い主カサンドラさんが飼い主に立候補したんだという。
スポンサードリンク

 生まれつき毛の生えないウサギ、ミスタービグルスワースはこうして現在のお宅にやってくることとなった。ミスタービグルスワースには兄弟がいたというが毛が生えないのは彼だけだったという。「けして長生きしない」と言われたミスタービグルスワースだが、カサンドラさんがInstagram専用ページを作るや否や、不幸なウサギから一転、みんなに愛されるウサギとなった。世界中から「ビグルスワースに」と手編みのセーターがおくられてくるとのこと。
 
 
1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.



 兄弟は次々に家族が決まり、自分だけ取り残され、ブリーダーたちには売り物にならないと思われ、「ただであげる」と渡されたミスタービグルスワースだが、カサンドラさん宅ではセーターのおかげだけじゃなく、心身ともにぽかぽかとした暮らしを送っているようだ。同居ウサギもいる賑やかライフを送っているようだよ。


Mr Bigglesworth: "Help me get this kale out"

 ミスタービグルスワースは、モフふわじゃない=ウサギらしくない、だとかアイデンティティの意味なんか考え込んだりしない。ただ前に進んで生きるのみだ。ブリーダーたちには、「生後4週間ほどで死んでしまう」と言われたが、そんな時期はあっという間に過ぎてしまった。冬場はちょっと寒いかもしれないけれど、手編みのセーターと家族の愛があればこれからも快適に過ごせるはず。きっとそう。

written by kokarimushi
あわせて読みたい
生まれつき両耳のないウサギのミミさん、飼い主さんお手製の付け耳をかぶってアラかわいい。


お食事前のあなたに。ごはんをほおばるウサギにズームイン!


遠慮はいらない、悩殺されてしまいなさい。おしりこそ正義!ウサギの後ろ姿が可愛すぎた件


お散歩、お散歩、楽しいな!可愛いウサギといっしょにビーチへ行ってみた


ほっこりほんわか、ウサギの赤ちゃんとお母さんのスキンシップに和んでみよう


このエントリーをはてなブックマークに追加