dropped55
image credit:YouTube

 2018年にアメリカ、バージニア州にある動物園で孵化に成功したというフラミンゴの卵たち。今では成長し立派な3匹のヒナとなり、飼育員さんのもとへスタタタっとその長い脚で走ってくる様子が撮影されていた。

 ヒナトリオにとって、飼育員のグレッチェン・モーゲンセンさんはヒナたちにとって母さんに等しい存在らしく、走って寄ってきて抱っこさせてくれるんだそうだ。
スポンサードリンク


Trio of baby flamingos run to hug their human mama at Virginia zoo

 この動画は2018年12月2日に撮影されたものだという。3羽のヒナが園内を運動がてら歩いていると、グレッチェンさんがいることに気づいて走ってきた!そしてそのまま胸の中でぎゅっと抱っこ。

 園庭を悠々と闊歩するヒナトリオたちだったが…
dropped56
image credit:YouTube

 遠くにグレッチェンさんがいる!と気づくや否や小走りで向かいだす
dropped57
image credit:YouTube

 そして見事3羽とも抱っこ成功
dropped55
image credit:YouTube


 こうして3羽ともグレッチェンさんとの抱っこタイムを堪能できたのであった。グレッチェンさんは、ヒナトリオが生まれた日からトリオが成長したフラミンゴのコロニーに入るまでの期間を飼育した育ての親だという。トリオも久しぶりの懐かしい温もりに包まれて嬉しかったことだろう。

 グレッチェンさんは「あの灰色のふわふわワタアメみたいな子たちは、すごく愛情深くて私を母だと思っているようです。私を見つけると愛情だとかご飯だとかを求めて走ってきてくれるんです。」とコメントしている。こんなにも一途に愛情を向けられたらそりゃあグレッチェンさんだってメロメロになっちゃうよね。

written by kokarimushi

あわせて読みたい
みんなお外に遊びに行くよ!次から次へと出てくる出てくる、フラミンゴのヒナたちのパレード


ベイビーフラミンゴのスクィッシュ、お手製ブーツで楽しくお散歩しているようだ


白い砂浜青い海!そしてピンクのフラミンゴ!フラミンゴとふれあえるビーチがあるらしい


こんにちは、ボク、クジャクの赤ちゃんです。まだ生え揃わない飾り羽を広げようとするヒナの一生懸命


キケン!キケン!すぐに隠れて!七面鳥ママのアラートにみごとに従う雛鳥たち



このエントリーをはてなブックマークに追加