cow-1 (1)
image credit:netrauma

 愛すべき動物のウシたち(関連記事)。賢かったり、おっとりしていたり、情緒も豊か、愛情たっぷりときたら、人間の我々だって愛情注ぎたくなっちゃうってもんだ。

 そんなウシたちだけれど、ウシを飼育する人々にも冬季には悩みがあるという。それはウシの耳が凍傷にかかってしまうというもの。ペットとして1頭だけ飼っているならば、お家の中で過ごすことで凍傷は防げるけれど、家畜としてたくさん飼育している牧場なんかではどうやらこんな対策が行われているらしい。

Advertisement
Advertisement


"Moo Muffs" the earmuffs for calves.

 それは、ウシの耳用の耳当てを作ること。素材は様々でフリース素材のもの、糸で縫われたもの、麻布で作られたものなどがあるらしい。ウシの耳につけると何だか牛が猫耳を着けてるみたいでちょっと萌えてこないこともない。

 ウシたち、とくに子ウシたちは体温を適切に保つことが成長にも大事なこととなってくる。しかし母牛だけでは手が回らないので、牧場の人々の手助けが必要となってくるってわけだ。

 ジャケットや耳当てをした子ウシの何とも誇らしげなこと。
dropped39
image credit:YouTube

 1頭1頭、人間たちがかぶせてくれるようだ
dropped40
image credit:YouTube

 こうして冬を快適に楽しく過ごせるのだろう
dropped41
image credit:YouTube


 人間にとってウシはただの動物ではないわけだ。私たちは牛乳、牛肉、牛革など様々な形で恩恵を受けている。だからこそ思いやって細部を気遣い、こうして大切に育ててあげることが大切なのである。何はともあれ、様々な地域に住むウシたちが快適に、健やかに成長していくといいね。

References: Netrauma/YouTube/など / written by kokarimushi / edited by parumo

あわせて読みたい
ガチャッ、ドボドボ、ああ美味しい!井戸の手押しポンプを自分で動かして水を飲むウシ


いやいや、うちの牛の方が大きいから。巨大で有名になったウシのニッカーズさんに挑戦状


ここでは小さな演奏会が行われていた。ウシにコンチェルティーナを聞かせる少女


さあみんな、お散歩に行くわよ!かしこいウシ、自分でかんぬきを外して脱走する


ウシって実はこんな動物だった!ウシを愛する10の理由