dropped15
image credit:YouTube

 1匹の犬が警察犬になるには、厳しいトレーニングが必要となる。トレーナーの指示に従い、的確な行動をとるようにならなければいけない。トレーナーとの訓練が済んだら、次は警察官との命がけのコンビネーションで任務を開始するようになる。人間よりもはるかに優れた嗅覚を使い、時に警察官をリードしていかねばならぬこともある。

 そんな警察犬の訓練映像が発見されたので、みんなでその厳しい訓練の様子を覗いてみよう。
Advertisement
Advertisement


Police Dog in Blindfolds Walks Expertly on Tightrope - 1049487-5

 目隠しをされ、綱渡りをする未来の警察犬の姿が動画には映っている。時々足を踏み外しそうになるが落ちそうになる様子はない。4本の足を見事に使いながら、綱をそろそろと歩いていく。綱を渡り切ったらおしまいか…?と思いきや、なんと途中で向きを変え往復し始めた。動画後半に一瞬、あわや足を踏み外すか、という瞬間もあったが見事にピンチを乗り切っていた。

 目隠しし、口には縄をくわえている犬が綱渡りをする
dropped16
image credit:YouTube

 細い足でしっかりと肉球を開き一歩一歩前進する
dropped15
image credit:YouTube

 渡り切ったらおしまいなのかと思いきや
dropped17
image credit:YouTube

 ある地点まで行ったら振り返って再度前進
 この振り返る際の動きがまた見事なのだ
dropped18
image credit:YouTube


 目隠しして綱をくわえて、こんなシチュエーションあるのかなと一瞬思ったが、災害の現場、犯罪の現場には想像を超えた事態がいくらでもある。どんなことにも備えられる強靭な心身を持つことが、重要な任務をもった警察犬たちには肝要なのだろう。

written by kokarimushi

あわせて読みたい
かわいいだけじゃないんやで!重要任務に就く子犬たちのドキドキ任務初日の様子を見てみよう


またもお手柄!強くてたくましいK9、3匹の捨て小犬を救助!


戦地でパートナーとして活躍した兵士、相棒の軍犬を看取る


千里の道も一歩から。介助犬だってやらかしがちなようだ、だって犬だもの。


がっちり支えていますから。K9ドッグを抱えて運動する警官の姿に関する海外の反応