dropped38
image credit:Instagram

 外の気温も高まってきて室内はエアコンが作動していたりして、そろそろ夏がひょっこり顔を出しそうだ。季節が変わりつつある。

 夏は夏の楽しみがあるよね。そんな季節感を先取りすべく、スイカをおねだりしシャクシャクとスイカを食べるアライグマの様子でも見て、体を夏モードにしていこう。
スポンサードリンク



 ペットとして飼われているらしいアライグマのブリさん、何やら目を輝かせて期待顔である。自慢の手のひらもこすり合わせて待っちゃっている模様。

 飼い主さんらしき人がスイカを持ってくるとおててをスリスリし始めるブリさん
dropped39
image credit:Instagram

 最初はスイカをぺろぺろ舐めたりしていたけれど
dropped40
image credit:Instagram

 最後にはがぶっとおいしそうに召し上がっていた。
dropped38
image credit:Instagram


 うるるるお目目にモフモフボディ。アメリカや諸外国ではペットとして飼うお宅もあるようだが、日本では農作物に深刻な影響を与えてしまうことから害獣認定されている。日本では基本的に飼育、譲渡、輸入は禁止の状態である。

 アライグマ氏のかわいさはこれまでも何度もお伝えしてきたので、魅了されちゃうお友達も少なくないとは思うんだけど、時々こうして眺めて何とかモフりた欲を満たしてほしい。

written by kokarimushi

あわせて読みたい
ふわモコキュートなところがボクそっくり?アライグマのぬいぐるみで遊ぶアライグマ


「ちょ、賢すぎるだろ!」バードフィーダーの中身が食べたいアライグマ、見事やらかす


保護されて一挙にペット化が加速した。元野良アライグマ、ソファでモフ要求が止まらない


トントントン!ご飯のお代わりください。ご飯をもらえるまで窓をたたき続けるアライグマ


やっぱかわいいんだから。アライグマの魅力がつまった画像集がみつかった


このエントリーをはてなブックマークに追加