dropped21
image credit:YouTube

 困っている動物を一定期間、自分のお家で保護するというのはよく聞くお話(こういうのとか)。自分のお家のことはさておき、困っている人や動物を見ると居ても立っても居られないなんていう人は少なからずいるもんだ。

 アメリカ、サウスカロライナ州フォートミルで発見した男性もその手の心優しいタイプの人間みたいだ。この男性、困っている子ジカやアライグマを自宅で保護していたという。
スポンサードリンク


Man Rescues and Releases Wildlife || ViralHog

 家の中にいるのは幼いシカと、哺乳瓶からミルクを飲んでいるアライグマたち。どうやらこの男性、孤児の野生動物を自宅敷地内で保護し、時期が来たら野生にかえしているのだという。

 この家の持ち主男性と思われる人の足元にはシカが
dropped22
image credit:YouTube

 そして向こうの方には一生懸命に哺乳瓶をくわえているアライグマとさらに子ジカ
dropped23
image credit:YouTube

 どうやらシカもアライグマも複数いるようだ
dropped24
image credit:YouTube

 命の恩人に動物たちも懐いている模様
dropped25
image credit:YouTube


 この男性は非営利でこの活動を行っているとのこと。哺乳瓶をソファに差し込んでアライグマが飲みやすいようにするなど、自分なりに工夫を加えながら活動を続けているようだ。どうかこういった活動が注目を浴びて、保護施設などと連携できるようになっていったらいいね。

written by kokarimushi

あわせて読みたい
シャイなアライグマの見せる「ひゃあ恥ずかしい!」なポーズ


かしこい動物といえばアライグマ。大好物のおやつのために、いろんな鍵を開けまくる!


保護されて一挙にペット化が加速した。元野良アライグマ、ソファでモフ要求が止まらない


「もっともっと抱っこしてて!」下ろそうとすると怒るシカの赤ちゃんが可愛い過ぎる


ハロウィンにはまだ少し早いけれど「オヤツくれないとイタズラするよ?」犬用のドアからシカがこんにちは





このエントリーをはてなブックマークに追加