tailorbird1_batch

 世界には我々が見たこともない生き物が、まだまだたくさんいるのである。その中にはニンゲンの想像以上のクリエイティブな発想や、高度なスキルを使ってサバイバルの助けとしている生き物たちも多いわけで……。

 今日はそんな生き物たちの中から、葉っぱを縫い合わせて巣を作る、その名も「サイホウチョウ」という鳥を紹介しよう。
スポンサードリンク


Tailorbird building Nest

「サイホウチョウ」は東南アジアを中心に、中国南部からヒマラヤ東部まであたりを生息域としている鳥である。大きさはそんなに大きくなくて、スズメと同じかむしろ少し小さめなんだとか。

tailorbird2_batch

 この鳥がなぜ「サイホウチョウ」と呼ばれるかというと、文字通り裁縫をするからなんである。鉅鹿を見てもらえばわかると思うが、クチバシを使って器用に2枚の葉っぱを縫い閉じていくのだ。

tailorbird3_batch

 この縫物に使用する「糸」には、主にクモの巣や植物の繊維などが使われるんだそう。

tailorbird4_batch

 こうやって閉じ合わせた葉っぱの中に、木の枝などを運んできて巣を作り、卵を産み、子育てをするのだ。

tailorbird5_batch

 サイホウチョウの英語の名前は「tailorbird」、つまり直訳すると「仕立屋鳥」であり、外国人が見ても裁縫しているようにしか見えないということなんだろう。動画を見ると、本当にしっかりと縫い合わせていたよね。

 巣作りと子育ての様子も見たいというお友だちは、こちらの動画もぜひ見てほしい。

Amazing tailor bird sewing it's nest and laying eggs

 だがこうやって作った巣も、残念ながら安全とは言えないようだ。下の動画はヘビの侵入を許してしまうサイホウチョウの巣。


Snake Enter in Tailor Bird Nest and Eating Their Eggs

written by ruichan

▼あわせて読みたい
ヒクイドリが追いかけてくるよう!「世界一危険な鳥」にビーチで遭遇してしまった場合


「えっと、どうしたら喋らせてもらえるのかな」鳥に解説の邪魔をされるアッテンボローさん


すくすく元気に育ってね!鳥たちの愛情たっぷりな子育てシーンを写した写真集


「これでまた、何でも食べられるよ!」クチバシの折れたジサイチョウを最新技術が救った!


なんと、鳴き声の主はミミックだった!物真似の天才コトドリさんをご紹介しよう


このエントリーをはてなブックマークに追加