1906lnmg00
image credit:Instagram

 動物たちのしあわせもぐもぐタイム。今日は、サンディエゴ動物園で暮らす15歳のライオン、ンバリさんのお食事時を観てみよう。

 エサを与えるのは、飼育員であり、トレーナーでもあるティナさんだ。この動画では、ンバリさんとティナさんの息ぴったりな「お食事芸」を観ることができる。

 ちょっとしたやり取りの中にも、生まれて数ヶ月の頃からの付き合いである1人と1匹の絆がはっきりとあらわれているんだ。
スポンサードリンク



 ティナさんがお肉を高くかかげると……。

1906lnmg01

 ンバリさんもう〜んと背伸びをして、パクッ!

1906lnmg02

 次にティナさんが右手で「伏せ」のサインをすると……。

1906lnmg03

 かわいく香箱座りをしてパクッ!

1906lnmg04

 てなわけで、ただのお食事タイムではなく、ティナさんの動きをしっかりと理解してンバリさんが応えているのがわかるんだ。

 吠えたり、エサを催促したりする様子もなく、じっとンバリさんがティナさんを見つめる表情からも、確かな信頼関係があることが感じられる。

 前足を折りたたんで、上目遣いにティナさんを見るンバリさんなんてもう、まさに大きな猫にしか見えなくて、可愛ささえ感じるわけだけど……。

 お肉に食らいつくときの口の大きさを見たら、ティナさんのように手を差し出してエサを与えるなんて、ちょっとできないんじゃないかと思う。

 百獣の王と言われるライオンとこんなふうに心でつながれる飼育員さんって、やっぱりすごいんだなあ。


written by momo

▼あわせて読みたい
保護されたライオン、命の恩人に全身全力で抱っこをせがむ姿に関する海外の反応


サファリドライブにライオン相乗り、お気に入りのお姉さんにロックオン


旦那は家事に首突っ込むな的な?オスライオンが今日のご飯の調達を試みた結果


たまにはこんなこともあるさ、どんまい!百獣の王、うっかり水に落っこちる


ある日、動物園にて。女の子のガラス越しのチューに対するライオンの反応にビックリ



このエントリーをはてなブックマークに追加