dropped53
image credit:YouTube

 我々が出かけたくない日があるように、犬たちにも散歩に行きたくない時があるようだ。ことに気まぐれ気ままで、ゴネ癖のあるシベリアンハスキーのゼウスにとって、時としてお散歩は憂鬱なものにもなりうるらしい。

 ゼウスを散歩に連れていきたい飼い主さんと、散歩の気分じゃないゼウスの攻防戦をご覧ください。


Advertisement
Advertisement


Stubborn Husky argues with owner when it's time for a walk

 いつだって犬語で飼い主さんとやりとりしているつもりで、何やらごね続ける姿で人々を魅了し続けるハスキー犬のゼウスさん。

 今日は散歩の時間に「散歩に行くわよ」と言われたものの、「気分じゃないわけやし~」と語尾長めのあの鳴き声でアピールしていたようだ。

 「ゼウス、散歩よ」と声をかけられてごにょごにょと断るゼウス
dropped54
image credit:YouTube

 散歩の時間とはいえ、ゼウスは今はソファにいたい気持ちでいっぱいなのだから仕方ない
dropped55
image credit:YouTube

 最終的に飼い主さんが「じゃああなた抜きで行くけど」というと「それはそれでいややし~」
dropped53
image credit:YouTube

 しぶしぶソファから降りて散歩に出かけたようだ
dropped56
image credit:YouTube


 「じゃあ置いていっちゃうから」ってのは飼い主さんの必殺技なのかもしれない。顔はオオカミ、心はベイビーのダダこね芸人なのがゼウスの特徴。そこがかわいいやめられない。ゼウスさんのダダこねライフはこれからも見逃がせない。我々もたまには心の中でゼウスさんみたいに「明日はどこにも行きたくないわけやし~」って遠吠えしてみてもいいかもしれない。

written by kokarimushi

あわせて読みたい
あのハスキーがまたやった!自動車の助手席から降りたくないゼウスさんのダダこね


で、出たぁ~!意地でもソファから動かない。ハスキーのゼウスさんがまたやった。


またゼウスが駄々をこねてるし。「もっと雪の中にいたい!」とワガママを言うシベリアンハスキー


シベリアン・ハスキーに学ぶ夏の過ごし方。ボウルの中にお口を入れてぶくぶくをエンジョイ


キスされると凶悪面になっちゃうシベリアン・ハスキーを猫かわいがりする飼い主のエンドレスいちゃいちゃ