1906cht00

 エリックという青年が、道路の片隅でアライグマの赤ちゃんを発見した。かわいそうなことに、このアライグマの母親は、車にはねられて死んでしまったのだそうだ。

 エリックはアライグマの赤ちゃんを連れ帰ったが、育てるための知識も設備もない。というわけで、とある「アライグマのエキスパート」にその赤ちゃんを託すことにした。

 その人物こそ、マランダーでも何度かご紹介しているファニーなアライグマ、ティトくんの飼い主だ。
スポンサードリンク


Baby raccoon rescued after mom was hit by a car

 母親を失い、ひとり遺されてしまったアライグマの赤ちゃん。

 ティトくんの飼い主は、この赤ちゃんのお世話をするべく、子猫用のミルクやトイレシートなどのグッズを買い込み、万全の体制で迎え入れた。

1906cht01

 ミルクを与えられると、飲もうとする意思をみせる赤ちゃん。その様子を見るに、体の不調などはなさそうで一安心だ。

1906cht02

 しかし、野生下で生まれた個体を連れてきたわけだから、獣医師にみせるまではほかの動物たちとは一緒に過ごすことはできない。

 一時的にダンボールのお家で過ごしてもらわなければいけないけれど、ちゃんとベッドやシーツが用意され、ぬいぐるみのお友だちもプレゼントされた。

1906cht03

 赤ちゃんは落ち着いて、このダンボールハウスの中で眠っていたようだ。

 ティトくんのインスタグラムには、その後無事にファミリーの一員となった赤ちゃんの姿があった。


 名前はYouTubeのコメント欄で提案を募っていたけれど、どうやら当初予定していた「チート」という名に決まったらしい。

 まだまだ小さいチートだけれど、しっかりと愛されて、これからすくすく成長してくれるだろう。そう遠くないうちに、ティトくんやフェレットたちと一緒に遊ぶ姿が見られるかもしれないね。

written by momo

あわせて読みたい
お庭で水遊び、楽しすぎるよ!アライグマのティトとフェレットたちのプールパーティ―


アライグマのティトさん、冷たくて雪遊びに躊躇。フェレットたちの初雪


チューブを走り抜けるフェレットに混ざりたいアライグマの哀愁


ふわモコキュートなところがボクそっくり?アライグマのぬいぐるみで遊ぶアライグマ


なでくりなでくり、大好きキュッキュ!猫を猫可愛がりするアライグマ




このエントリーをはてなブックマークに追加