laughingbird2_640

 動物や鳥たちの鳴き声には、それぞれ意味があるのだと思われるのだが、ニンゲンの耳にはニンゲンフィルターを通した音として伝わるのは仕方がない。

 もちろん、インコやオウムの中にはニンゲンにわかるようにしゃべっているものもいるとかいないとかいう話は聞くが、今回の場合、もしかするとお箸でも転がっていったとか、どうしようもなく笑いたい気分になっちゃった何かが、この鳥に起こったのかもしれない。
スポンサードリンク


Bird Has Quite the Laugh || ViralHog

 この動画は今年の2月に、台湾の彰化市で撮影されたものだという。とりあえず、映像はともかく目をつぶって音声だけを聞いてみてほしい。

laughingbird1_640

 どうだろうか。大笑いしているように聞こえない? でもってそれはともかく、この鳥いったいどこに入り込んでいるの?

 ちょっとそっちら変を突っ込みたくなってしまった動画なのであった。

 これだけじゃちょっと寂しい? じゃあもういっちょ、笑う鳥さん行ってみようか。

Bird Laughs Like Super-Villain
written by ruichan

▼あわせて読みたい
何がそんなにおかしかったのでしょうか。のけぞって大笑いするカモメの動画が大人気


笑う門には福来るっていうし。ワライカワセミのハイテンションな鳴き声をちょっと聞いてみよう


「えっと、どうしたら喋らせてもらえるのかな」鳥に解説の邪魔をされるアッテンボローさん


「ははははは、はは、ははは…」無表情に笑い続けるヨウムがちょっぴりクセになる


「アーッハハハッハッハッ!」何がツボにはまったのか、笑い声のにぎやかすぎるオオバタン



このエントリーをはてなブックマークに追加