1906fgt00
image credit:Instagram

 ミルクを飲んでいる口の動きが、寝ている間も止まらない……赤ちゃん特有のそんな仕草は、ニンゲンだけじゃなく猫でも見られるみたいだ。

 うとうと夢心地のまま、お口のチュッチュペロペロが止まらないのは、保護猫のフィジェット。そのかわいさは、おそらく宇宙で1、2を争うほどだと言っても過言ではないと思うんだ。
スポンサードリンク

 とにもかくにも、この動画をみてほしい。もちろん、音声はオンで!


 子猫のフィジェットは、まだ目も開いていない生後3日ごろに保護され、この里親の家にやってきた。当時の体重は69グラムと、これまでに預かった保護猫の中でもっとも小さい猫だったそうだ。

 とにかくスクスクと成長してほしいと、里親はフィジェットの世話をしてきた。最初に飲んだ子猫用ミルクは、わずか3ml。


 「お母さんの毛づくろい」を再現するために、やわらかい歯ブラシでなでると、はじめてゴロゴロとのどを鳴らしたんだそうだ。気持ちよさそうにコロコロと転がっているね。


 やがて目が開き、しっかりとミルクも飲めるようになってきたフィジェット。


 ひとりでトイレができるようになったり……。


 ボウルから水を飲む練習をはじめたり。ひとつひとつのできごとが、フィジェットの成長の証なんだ。


 生後約8週間、小さな小さな赤ちゃん猫だったフィジェットは、すっかり立派な“子猫”になった。


 あと数日で、新しいお家の家族として、引き取られていくんだそうだ。自分を育ててくれた「親」との別れはさびしいだろうけど、きっと次のお家でも、たくさんの愛情とおもちゃとおいしいご飯が待っているはずだ。
 
 フィジェットの未来に、幸せがいーっぱい降りそそぎますように!

written by momo

▼あわせて読みたい
ふむふむ、これ何のニオイかにゃ?保護猫プーシクのくんかくんか


やさしい世界。子猫と出会ったおじいさんの写真に関する海外の反応


みんな元気で本当に良かった!ダンボール箱で捨てられていた猫たち、ひとまずもう安心の模様


小猫は雪の中寄り添っていた。真っ白い雪に埋もれていた3匹の黒猫が保護される。


道路でうろうろしていた白黒子猫、保護されたお宅でしっぽり家族に



このエントリーをはてなブックマークに追加