huskycafe0_640

 猫カフェ、犬カフェ、フクロウカフェ、そしてハリネズミカフェに爬虫類カフェと、日本って国はありとあらゆる動物カフェの元祖を自負していいんじゃないかと思ってた。

 だがしかし、たくさんのハスキーたちと思いっきり遊べるカフェが、なんと常夏の国タイにあるんだそうだ。今日はそのタイ王国の、ハスキーカフェを覗いてみよう。
スポンサードリンク


Café In Thailand Lets You Play With A Pack Of Huskies

 なんだなんだ? いっせいにこちらへ向かって走ってくるハスキーたちにビックリしちゃうよ、まったくもう。

huskycafe

 ここはタイのバンコクにあるハスキーカフェ。
huskycafe1_640

 思いっきりハスキーまみれになれる、夢のような空間なんだ。
huskycafe2_640

 ケーキやアイスケーキ、そしてドリンクを楽しんだら、手を洗いビニールのシューズカバーをつけて、さあ、ハスキーたちとの触れ合いタイム!

huskycafe3_640

 常夏の国でハスキー?と思うけれど、オーナーさんはもともとブリーダーだったんだそう。愛情たっぷり健康管理もしっかりで、みんな元気でハッピーそう。


 暑さに弱いハスキーたちは、普段はエアコンの効いている屋内にスタンバっていて、1日に2~3回決まった時間に外に出てくるんだよ。各回1時間ずつの触れ合いタイム、みんな堪能しているみたいだ。


 暑い中遊んでくれるハスキーたちには、冷たい氷をプレゼント。暑さ対策だけじゃなくって、オヤツを食べ過ぎないようにとの配慮から、お客さんは氷をあげるようにしているんだそう。


 このカフェの名前は「TrueLove at Neverland」。BTSのアーリー駅が最寄り駅になるけれど、駅からちょっと離れた住宅街の真ん中にあるので、トゥクトゥク(オート三輪タクシー)を利用するのが便利だよ。


 このカフェは15歳以上が対象で、入場料は500バーツ(約1,700円)とのことだが、変更になる場合もあると思うので、このカフェのフェイスブックページから問い合わせてみるのが確実だ。興味を持ってくれたお友だちは、タイに旅行する機会があったらぜひ訪れてみてほしいな。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
犬のマスクをかぶった飼い主と感動の再会?大喜びのハスキーズがわんこ団子になっちゃった


やんちゃで可愛くていとおしくて。ハスキーの子犬たちを詰め合わせでどうぞ


またゼウスが駄々をこねてるし。「もっと雪の中にいたい!」とワガママを言うシベリアンハスキー


なんとしてもこのポジションを守りたい。飼い主の足の下を取り合うハスキーズ


毎日がドラマティック!みんな大好きシベリアン・ハスキー盛り合わせ



このエントリーをはてなブックマークに追加