dropped30
image credit:Facebook


 鳥、特にカモなどのヒナが、卵から孵化して最初に見た「動くもの」を「親」であると認識し、その後ろをついて歩く。みなさんよくご存知の刷り込み(インプリンティング)という現象だ。ヒナたちにとって、最初に見た動くものが自分と姿かたちが違っても、そこには瞬間的に大きな愛が生まれちゃう。小さな足でせっせとついてきてくれるわけだ。

 今回けしてヒナというサイズではない鳥が、一人の人間男性に心を奪われ後ろをけなげに追いかける姿がかわいいストーカーめいていると話題を呼んでいたよ。

 
スポンサードリンク



 動画は「鳥がついてくるんだよ」という男性のボヤキで始まる。男性はどこかへ向かう道の途中のようだが、「どこへ行っても鳥が来る」などと説明しながら動画を撮影している。一方の鳥は、カメラを意識せず自由に飛びつつ、きちんとロックオンした男性からはぐれないようにしている。

 「鳥が道を遮ってくるんだよ」と男性のボヤキは始まる
dropped31
image credit:Facebook

 「ほっといてくれないんだ」などと言えども、懸命に飛んでくる鳥に笑みが隠せない男性
dropped30
image credit:Facebook

 「何?何が欲しいの?」と問いかけつつ、最後には「どうやらペットができちゃったみたいだ」と覚悟を決めていた
dropped32
image credit:Facebook


 「運命の出会いがない」と嘆く人々も少なくないけれど、実は自然界に目を向けてみれば熱烈フォーリンラブしてくれる仲間もいるのかもしれないな。

written by kokarimushi

あわせて読みたい
「だっていっしょに飛びたいんだもの!」人間に育てられたガン、疾走するボートと並んでお散歩を楽しむ


「真実はいつもひとつ!」ガチョウとハリネズミの関係は、果たして仲良しさんなのか追いつ追われつなのか?


元気いっぱいだけど友達のいないヤギ、ガチョウのヒナたちとふれあい馴れ合い


一歩も引かないゾウVS鳥のもめ合い。どうやら鳥は何かを守っていたらしい。


おまえら俺を怒らせた。ギャングスタガチョウの逆襲


このエントリーをはてなブックマークに追加