dropped47
image credit:Instgram


 目の見えない小猫だったヨーヨーは2017年、ダンス講師のローレン・ディパオロさんのもとに引き取られることとなった。

 アメリカ、ニューヨーク州ニューヨーク市にあるスタテンアイランドにあるダンススタジオにて、ローレンさんの足元で一生懸命ローレンさんの気配を感じるヨーヨーさんの様子がInstagramで公開されていた。

スポンサードリンク



 ダンス講師ということで舞うように歩くローレンさんは、ヨーヨーに気配を学ばせようとしているようだ。目の見えないヨーヨーに残された他の感覚すべてで、ヨーヨーはローレンさんの気配を追っている。その様子が小さく飛んだり跳ねたりでまさにヨーヨーみたいなんだ。

dropped47
image credit:Instagram


 ローレンさんが動くのを少し遅れてついていくヨーヨー。これはレッスンでもあり、コミュニケーションでもある。1匹と1人のやさしい時間。

dropped48
image credit:Instagram

 途中でフロアが滑って転んじゃったりもするけれど、きちんとローレンさんの気配を追いかけることができているようだ。

 一度レッスンを受けたヨーヨーは次からはすっかりハンデをものともしない追いかけ上手に!

 ローレンさんはヨーヨーの他にも歩けない猫や、声の出ない猫、片目の猫など特別なケアが必要な猫たちとともに暮らしているという。






 ローレンさんのお宅にいる猫たちはひょっとしたら、他の人からしたら「飼うのが面倒」な猫なのかもしれない。けれども、ローレンさんからすると、どの子もみんな違って、みんないいんだろう。どの猫もみんな元気よく健やかに暮らしているようだ。

 ローレンさんちの猫ズの近況が知りたいお友達はInstagramを見てみてね。最近はローレンさんに赤ちゃんも生まれたようでさらににぎやかに幸せいっぱいに暮らしているようだ。

written by kokarimushi

あわせて読みたい
「猫は好きじゃなかった。この猫に出会うまでは」後ろ足が麻痺した猫との生活を満喫する男性の話をしよう


後ろ足が動かない猫のレキシー、専用の車いすで猫生を愉快に楽しく暮らしているよ


下半身不随の猫、ご主人の帰宅を聞きつけてお出迎えに


生まれつき形成不全の障害をもつ猫のアイヴァンさん、新たな猫生に向けて準備はOK!


事故で後ろ足を失った猫のプー、最新技術でかっこいい義足を手に入れたよ!



このエントリーをはてなブックマークに追加