dropped3
image credit:youtube

 
 美容室やなんかでシャンプーをしてもらうとき、ソフトにしてもらうのが好きな人、しっかりめにしてもらうのが好きっていう人などみんな好みはそれぞれだ。

 オーストラリア、メルボルン動物園に住むバクのアルトゥーロさんはダイナミックにごりごりブラッシング兼モフってもらうのがお好みのようである。
スポンサードリンク


Arturo the Tapir loves a scratch

 飼育員のお姉さんジェスさんが手にしているのはなんと熊手。これでごりごりしてもらうのがアルトゥーロさんのお好みだってことらしい。かゆいところも掻いてもらえて、甘えんぼうタイムも楽しめて一石二鳥ってところだろうか。

 ジェスさんが手にしているのは立派な熊手
 この熊手でアルトゥーロさんのマッサージタイムに入るとのことだ
dropped4
image credit:youtube

 遠慮なくゴリゴリ行くと、アルトゥーロさんなんとも気持ちよさそうな表情を見せた!
dropped5
image credit:youtube

 熊手だけでなく、きちんとジェスさんの手でも撫でてもらって幸せいっぱい夢いっぱい
dropped6
image credit:youtube

 ラストにはしっかりおやつも召し上がっていた
dropped7
image credit:youtube


 バクだってモフられ好きなのは以前ご紹介した通り。バクの個体によって我々同様にマッサージの好みがあるようだ。動物園で暮らしていることもあって、アルトゥーロさんは比較的人懐こい甘えん坊な表情を見せていたように思う。

 ちなみに日本では、バクは夢を食べる動物として知られているが、これは中国の想像上の動物「獏」(ばく)と同一視され、実際のバクが夢を食べると思い込んだことにより今に伝わっているそうだ。実際には「獏」と「バク」はまったく関連性の無い生き物なんだとか。 なので、動物園やなんかでバクがいても偏見なく観察レッツゴーだよ。

 
written by kokarimushi

あわせて読みたい
バク、お前もか。甘えん坊のバクはモフが大好きだった


主人がオオアリクイに殺されたとかそんなの関係なく。オオアリクイ親子のほのぼのお散歩シーン


「あたいもモフっておくんなサイ!」ドキュメンタリーを撮影中に野生のサイが飛び入り参加でモフ要求


危ない、早くそこをどいて!アフリカゾウの進路をふさいでしまったカバの子供たち


さすがにでかい!ゾウたちのモグモグお食事シーンをどアップで見てみよう





このエントリーをはてなブックマークに追加