harpyeagle0_e
image credit:youtube

 マランダーではこれまでにたくさんの生き物たちを紹介してきたわけなんだけど、それでもこの地球上にいる生き物たちの中のほんの一部、氷山の一角にも満たない種類しかお見せできてないんだよね。

 いろんな珍しい生き物もいっしょに見て学んでいきたいと思っているので、何かリクエストがあったら教えてもらえると嬉しいんだ。てわけで、今日はマランダー初登場、オウギワシ先輩を見てもらおう。
スポンサードリンク


Harpy Eagle San Diego Zoo

 今日マランダーで初お目見えするのは、サンディエゴ動物園にいるオウギワシだ。頭の上の扇形の羽が特徴的だよね。

harpyeagle1_e
image credit:youtube

 クールなオウギワシ氏だけど、時にはこんなユーモラスな動きも見せてくれちゃったりするよ。フクロウのダンスと似ているね(関連記事)。

harpyeagle
image credit:youtube

 オウギワシの故郷は、中米~南米にかけてのジャングルだ。体長はメスで1mに達するという、猛禽類の中でも最大の部類。

harpyeagle2_e
image credit:youtube

 ちなみにこのオウギワシ、英語の名前は「ハーピー・イーグル」っていうんだ。ハーピーっていうのはほら、アレだ、ギリシャ神話とかゲームでよくお目にかかる、鳥のようなモンスター。なるほど言われてみれば、ハーピーの雰囲気持ってるような?


 オウギワシはそのぶっとい足とカギ爪で獲物を容赦なく襲う、恐ろしいプレデターでもある。詳しくは以前カラパイアで特集したことがあったので、ぜひそちらも読んでみてほしいな。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
なんて美しい鳥たち!猛禽類をスーパースローモーションビデオで撮影してみた


朝起きてみたら想定外のお客さんが!ドアのところで叫んでいるタカにビックリ


いっぱい食べて元気になって、早くおうちに帰りなさい。湖に落ちたワシがボートに救助された一部始終


「ちょっと乗っけてくださいな」ハリケーン・ハービーから避難してタクシーに乗り込んできたタカ


「ちっ、惜しい!」檻の中にいるも知恵者なワシ、自分の餌で鳥をおびき寄せ捕食を試みる



このエントリーをはてなブックマークに追加