dropped21
image credit:youtube

 いつかは間近で見てみたい生き物の中に百獣の王ライオンがいる。しかし過去に掲載した案件を見直すとサファリドライブ中にライオン先輩の乱入案件というのは意外と少なくなかったりするもんだ(関連記事など)。

 今回もそのパターン。クリミア半島にあるサファリパークにて妙にピンポイントでひとなつこいライオンがサファリドライブを楽しんでいる人間たちにサービスしていた模様。
スポンサードリンク


Lion jumps into open vehicle full of tourists on safari tour in Crimea's Taigan park

 クリミアにあるというタイガンパークは車のドアがない臨場感たっぷりのサファリドライブが売りのようだ。近すぎちゃってどうしよう!?を地で行くドライブだったが、ここで暮らすライオンがドライブにて人気者になっちゃっていたよ。

 ライオンのそばにやってきた観光客一行
dropped22
image credit:youtube

 するとライオンったら車に乱入!
dropped23
image credit:youtube

 次々と観光客に愛想を振りまき始めた
 どうやらかなり人懐こいライオンのようだ
dropped21
image credit:youtube

 特にこのお姉さんがお気に入りだったようで、子猫ちゃんのようにスリスリぺろぺろしていた
dropped24
image credit:youtube


 普段は威厳と畏怖をもって見つめている動物界永遠の王であるライオンの思わぬ一面に、観光客の皆さん笑顔が止まらなかったようだ。きっとパークの人気者なのだろうね。

 最後はドライブの一行が去ってしまうとこんな表情も見せていたよ。お姉さんが恋しかったのだろうか…

dropped25
image credit:youtube


written by kokarimushi

あわせて読みたい
「こんにちは、ライオンですよ!」サファリの最中、クルマを覗き込みに来たライオン


ビッグキャットの鳴き声:お母さんとはぐれた子ライオンの場合


愛情たっぷり。ライオンとの再会で大歓迎を受ける「ライオン・ウィスパラー」のリチャードソンさん


無言でこちらに向かって歩いてくるオスライオンたち。果たしてどんな状況だったのか、真相が解明された模様


これがほんとの近すぎちゃってどうしよう!クルマのドアを開けるライオン



このエントリーをはてなブックマークに追加