dropped55
image credit:Instagram
 
 戦うことを目的に人間に品種改良されてきたピットブルは体力があり、力が強く、問題行動を起こしてしまうこともある。闘犬として育種されてきた身体能力の高い犬種であるため、否定的なイメージがつきもので何かと問題視されている犬種である。

 しかしその実、一度人間に心を許し懐くと、この上なく愛情深い忠犬となりうる犬種でもある。

 そんなピットブルの個体が動物リハビリセンターに運び込まれてきた。人間男性を見るととびかかるとにかく狂暴な犬だという。そこには悲しい理由があった。
スポンサードリンク



 リハビリセンターのスタッフにとびかかるピットブルのディーゼル。人間、特に男性には容赦なく吠えて噛みつこうとする。確かにこの状態では人間とともに暮らすのは難しいだろう。飼い主女性はディーゼルの過去について語り始めた。

dropped
image credit:Instagram


ディーゼルは私の以前のボーイフレンドに蹴られていたんです。そのせいで人間男性に恐怖心を持っているのかもしれない。けれども私の家族のことは愛してくれているんです。根っこから悪い犬じゃないんです。


 理由は分かった。ここからがリハビリセンタースタッフたちの出番だ。スタッフたちはまずディーゼルのマズルに口輪をつけてコミュニケーションを少しずつ取り始めた。

 「1週間以内にきっと君は僕たちのことを大好きになってくれるはずだよ!」とスタッフはディーゼルに語り掛けている。

dropped0
image credit:Instagram


 「ディーゼルが狂暴になったのは、ピットブルという犬種やディーゼル自身のせいではありません。彼を取り巻く環境が彼をそうさせたのです。誰だって自分より大きな生き物に蹴り飛ばされればおびえて暴れると思います。」とスタッフは語った。

 こうしてディーゼルの不安を打ち消し、信頼を勝ち取るための長い戦いが始まった。
dropped1
image credit:Instagram

 するとどうだろう。数週間後には口輪なく散歩するディーゼルの姿が!
dropped2
image credit:Instagram

 いつの間にかこんな甘えん坊な表情を見せてくれるようにもなった。
dropped55
image credit:Instagram


 「どんな犬でも時間と根気と愛情を注げば、必ず心的なトラウマからは回復できます。」とスタッフは締めくくっている。

 人間社会で生きていくのは時としてつらく苦しい時もある。けれども自分より心優しく小さな生き物を攻撃していい理由にはならないのだ。動物虐待の罪への重さは変わろうとしている(関連記事)。ディーゼルがまだ人間を信じられるうちに、人間を愛せるうちに第二の犬生を過ごしてほしいものだ。

written by kokarimushi

あわせて読みたい
ピットブルのハスキーごっこ。ピットブルのカポネさん、ハスキーのように犬ぞりをひいてみたいらしい。


「強盗だ!やっつけろ!」ご主人の危機に愛犬たちはどう動いたか?実験してみた結果こうなった


家を買ったら地下室に犬がつながれていた!との通報に救助隊が駆けつけた


見捨てられ栄養失調で発見されたピットブル、消防署のアイドルドッグへ変身


虐待を受けていたピットブルのサッシ、お腹を見せてなでなでのおかわりを要求。甘えん坊へ大変身!



このエントリーをはてなブックマークに追加