dog-4 (1)
 
 先日ロッキー山脈で雪山王になった猫の記事が発見されたわけだけど、今回はうっかりヒマラヤ山脈にて登山に成功してしまった犬が発見された。

 雪山仕様の犬でなく、チベタン・マスティフとヒマラヤン・シープドッグの混血らしいメスの雑種犬だというメラさんの山登りの様子を見てみよう。
スポンサードリンク

dog-1 (1)
image credit:CheezBurger

 
 メラはネパール付近に住んでいた人懐こい雑種犬だという。そんなメラがロックオンしたのは、アメリカ、シアトル在住のドン・ワーゴルスキーさん。ドンさんはネパール近辺にある山の登山ツアーを企画する会社を経営している。

 そんなドンさんは登山ツアーのリーダーとしてあちこちの山に自身も登っているという。そして先日ドンさんは、ヒマラヤの山のひとつである、メラピーク(標高6,654メートル)からの帰り道で、一匹の野良犬と仲良くなった。それがメラだ。
dog-2 (1)
image credit:CheezBurger
 
 メラは、ドンさんたち一行がよほど気にったのだろう。山登りするドンさんたちの後ろを3週間ずっとついて来たという。そして2018年11月9日、メラはうっかりちゃっかりバルンツェの登山に成功してしまった。バルンツェは標高は7120メートル。エベレスト山ほどの高さはないが、登山の対象として人気がある山だという。

dog-3 (1)
image credit:CheezBurger

 登山というのは命がけのスポーツだ。メラももちろん危険な目にあったこともあるという。一度は雪山でうとうとしているうちに低体温で危なくなってしまった瞬間もあったという。しかしメラはそれ以降は、登山隊のテントに入って暖を取りつつみんなにかわいがられて夜をこすことに決めたそうだ。

dog-4 (1)
image credit:CheezBurger

 メラとともに登山したドンさんは、「メラが山を登りたいのかどうか心配は尽きませんでした。しかしメラはしっかりとした足取りで私たちの後ろをついてきたんです。だんだん彼女がいるから登山できるようなそんな気持ちになってきていました。」と語っている。徐々に互いになければならぬ存在になっていたようだ。

dog-5 (1)
image credit:CheezBurger

 ドンさんは今、犬が成功した登山の記録について調査中だということだ。いつの間にか登山隊の守り神のようになっていたメラとドンさんの関係は今後どういう変化を見せてくれるのだろう。そのあたりも注目していきたい。

References: CheezBurger/Outside/など / written by kokarimushi / edited by parumo
あわせて読みたい
次はどこへ行くのかな?旅の途中で拾われた子犬たち、すっかり大きくなって冒険生活続行中!


動物たちと笑顔で写真を撮っちゃおう!ハッピーなセルフィーをたくさん撮影してみたよ


雪原も砂漠も、どこまでだっていっしょに行こう!旅する仲良し犬と猫の写真集


その瞳の行き着く先は?ゴージャスなベンガルキャットと、遥かなる冒険の旅に出よう


ソリを乗りこなした猫のウェストンさん、アウトドアキャットとして鮮烈デビュー!




このエントリーをはてなブックマークに追加