1903dghs01

 生きとし生けるモノを愛するわれわれとしては、地球温暖化とか、再生可能エネルギーなんていう話題もちょっぴり気になってしまう今日この頃だよね。

 身近なことから、できる範囲でエコを始めたい……愛犬を抱きしめながらそんな願いを抱いているおともだちに、ピッタリの犬小屋をみつけたのでご紹介するよ。

 エコフレンドリーな上にワンコフレンドリー、愛犬にとっても快適な暮らしを約束してくれそうな、極上ドッグハウスなんだ。
スポンサードリンク

 機能的かつエコ。そんな夢の犬小屋を作ったのは、アメリカ・カリフォルニアで建築やインテリアを手がける「スタジオ・シッケタンツ」だ。

1903dghs00
image credit:Studio Schicketanz

 なんでも「自然に溶け込む建築と、暮らしやすさの両立」という同スタジオの理念から生まれたそうで、壁面には木材、屋根とスロープには芝生が使われている。

1903dghs03
image credit:Studio Schicketanz

 用心深いワンちゃんのための「のぞき穴」も完備しているよ。

1903dghs05

 しかも屋根には太陽光発電装置がついている。日中はその電気を利用し、犬小屋の中のファンを回して涼しさを保てるのだそうだ。

1903dghs04
image credit:Studio Schicketanz

 さらにさらに、ワンちゃんが近づくと水が出る水栓つきという至れり尽くせりっぷり。

1903dghs06
image credit:Studio Schicketanz

 中の掃除も簡単にできる仕組みになっているほか、リードやドッグフードなどをしまっておくスペースも完備している。

1903dghs07
image credit:Studio Schicketanz

 ワンちゃんも大満足して走り回ること間違いなしの優良物件。うっかりすると飼い主が住みたくなってしまう可能性まであるね。

1903dghs08
image credit:Studio Schicketanz

 実はこの犬小屋、2018年に開催された「カーメル・ケイナイン・コテージ・コンペティション」に出展された作品で、オークションにより買い手がつくことになっていたそうだ。

 今まさに、どこかの犬がこの犬小屋で暮らしているってことなのかあ。実際の住み心地はどうですかと、ちょっとたずねてみたいものだね。

References: inhabitat / written by momo
あわせて読みたいアーティストたちのデザインした犬小屋…犬豪邸がオークションでオンセール


「何コレくっさ!」飼い主の足のニオイを嗅いだわんこたちのギャフン


うちの子こんなに大きくなりました。子犬→成犬ビフォーアフター


例えどれだけでかかろうと、ヤツらの「大好き」は止まらない。大型犬のいる日常的風景はいかが?


だって柴だもん!可愛いんだから仕方ない。柴犬たちをたっぷり堪能する写真集



このエントリーをはてなブックマークに追加